勇者が持っていそうな“伝説の毛抜き”に「欲しい!」の声が殺到

写真拡大

“自称プロダクトデザイナー”で「鍛冶屋を目指している」というふーわ(@fuuuwa)さん。

ツイッターに自分でデザイン・自作した金属製品を投稿しました。その名も「伝説の毛抜き」。

Twitter/@fuuuwa

Twitter/@fuuuwa

ふーわさん曰く

「どこかで見たことあるような強そうな剣をイメージしてデザインしました」

とのことで、確かに某RPGゲームで勇者が持っていそうな、デザインの毛抜きです。

ユニークな金属アイテムからマステまで

「鍛冶屋を目指しています」というふーわさん。「金属加工が好きだから!」という思いで、他にも小型のマルチツールやモザイクのマスキングテープといったユニークなアイデアを形にしています。

Twitter/@fuuuwa

Twitter/@fuuuwa

Twitter/@fuuuwa

Twitter/@fuuuwa

「伝説の毛抜き」については、元々は小型のマルチツールをデザインしようとしたのがきっかけ。

マルチツールに毛抜き機能を付けた物を何パターン化デザインして並べた所、剣の形をしたものが一番面白そうだということで作っていましたが、考えた結果

「マルチツール機能なしの方がシンプルで面白そうだと思い今の形になりました」(ふーわさん)

とのこと。

マルチツール機能がついた状態の「伝説の毛抜き」のイメージも投稿しています。

Twitter/@fuuuwa

Twitter/@fuuuwa

製品化間近?でもハードルはあり

「伝説の毛抜き」を見たユーザーからは「欲しい!」との声が上がり、製品化に向けては製造自体は可能なところまで届いています。

素敵すぎます!噛み合わせさえ良ければ買いに行きます!応援してます!楽しみにしてますヾ(:3ヾ∠)_すごい伝説っぽい

問題は生産量と販売価格の折り合いで、大量に作ると販売価格は安くできるが売れる保証がないためなかなか価格設定が難しく悩んでいるそうです。

しかし、ふーわさんは「この落とし所をどうするかが難しく悩む所ですが、そこが楽しい所でもあります!物作り楽しい!!」と話しています。

フーワさんは

販売できる形になったら、「デザインフェスタ」や「Maker Faire Tokyo」や「NT京都」といったイベントで販売したいです!

と考えており、応援の声がさらに増えていけば、いずれどこかのイベントでお目見えするかもしれません。