25日、韓国メディアによると、韓国の太白山にある日本産のカラマツが伐採されるという。この報道に、韓国のネットユーザーからは伐採に反対する声が多く寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月25日、韓国・中央日報によると、韓国の太白山にある日本産のカラマツ(落葉松)が伐採されるという。

太白山国立公園事務所は25日、来年から2021年までに、45億ウォン(約4億円)をかけて太白山内にある日本産のカラマツ50万本を伐採する事業を推進すると明らかにした。カラマツを抜いた場所には、クヌギや松を植えるという。

カラマツは日本統治時代の1904年に韓国に運び込まれた。日本が太白山一帯に炭鉱を開発する際、坑木用として韓国の在来種であるアカマツを抜き、成長速度が速いカラマツを植えたという。

太白山国立公園事務所は伐採事業について、「国立公園内に分布する外来種の木や草本類を除去し、在来種に替えるという国立公園管理原則に基づく措置」と説明し、「民族の霊山を甦らせたい」と述べた。

また、同事務所の資源保全係長は「全国の国立公園では外来種の草木を除去する作業が続けられている」とし、「国立公園に指定された民族の霊山である太白山に日本産のカラマツは似合わない」と強調した。

一方、一部の専門家らの間では「たとえ外来種であっても、人間による干渉を最小限に抑え、自然そのままの姿で保存しなければならない」「日本産との理由で伐採するのなら、国内の山にあるほとんどの木を伐採することになる」などと、伐採事業に反対する声も出ている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは伐採に反対する声が多く寄せられた。

「愛国のつもり?」
「東京にはたくさんムクゲ(韓国を代表する花)が植えられていたのに…。そんなことをしている暇があったら、慰安婦問題にきちんと取り組んで」
「日本と聞いただけで大騒ぎ(笑)。そんなことを言ったら、韓国人は太陽の光も避けて歩かなければならないのでは?太陽は日本の象徴なのだから」

「税金の無駄遣い」
「昔の日本と同じことをしている」
「反日もここまでくると病気。なぜ無理に国民の反日感情を高めようとする?」
「そのうち、美しい桜の木も全て抜いてしまうのでは?」
「正直、日帝残滓(ざんし)は全て燃やしてほしい」(翻訳・編集/堂本)