■連載/ペットゥモロー通信

P5060118

「杜の都」と呼ばれる宮城県仙台市。その中でも“玄関口”といえる仙台駅のすぐ近くに、猫カフェ「あいきゃっと」があります。仙台駅から歩いて10分弱。旅行などで訪れた際には、ぜひともチェックしたいスポットではないでしょうか。その全容をご紹介しましょう。

受付からいきなり!店内は広々&猫だらけ

P5060065

ビル3階にある「あいきゃっと」。もともとシンプルだったと思われる扉が、期待感を高めるようなデザインにアレンジされていました。なんとも楽しげな雰囲気を感じられ、「早く入りたい!」と気持ちが逸ります。では、さっそく突入してみましょう!

P5060066

いきなり…こちらの猫が迎えてくれました。受付のカウンターに座り込んで、じっとこちらを見ています。最後までここを動かず、どうやらお気に入りの場所のようでした。それでは、どんどん店内の猫スタッフたちを見ていきましょう。

P5060074

ソファでお寛ぎ中。そっと隣に座って、「元気?」なんて話しかけたくなるような雰囲気です。

P5060073

爪とぎスポットで熟睡している猫。丸くなっている姿が、なんとも愛らしいですね。なでなでしたい気持ちを抑え、そっとしておきました。

P5060076

どうしてこうなった!?とツッコミたくなる光景。タッパーの中にジャストフィットしています。落ち着くのでしょうか…近づくと「何か用?」なんて言ってきそうな表情でこちらを見つめる猫。この他にも、以外な場所に猫たちは現れます。

P5060096

こちらはダンボールの中に隠れていました。外から見ると猫がいるとは分からず、覗きこんだら発見!です。じっと見つめてくれるものの、ダンボールからは出てきませんでした。

P5060105

本の貸出スタッフ?というような位置で待っていた猫。本棚には、たくさんの猫関連雑誌が並んでいました。でもこちらの猫、実は“オモチャ大好き”なんです。

P5060100

この通り、店内でも一番オモチャに飛びついていました。小柄な猫なので、まだ遊び盛りなのかもしれませんね。黒いカラダに白い靴下がチャームポイントです。見かけたら、ぜひ遊んでみてください。

P5060106

店内には猫たちが遊び、休む場所がたくさん設けられつつも、お客さんがゆったり過ごせる広いスペースが確保されていました。窓際のテーブルでコーヒーを飲みながら、猫たちの姿を見渡すなんていうのも良さそうです。

1日中いてもOK!フリータイム

P5060101

料金は15分から、1・2時間のプランも用意されていました。空き時間での立ち寄りにも優しい価格設定です。しかし良く見てみると、「フリータイム」の文字が。なんとこちらのプラン、その名の通り“何時間いてもOK”なプランなのです。

P5060107

休日すべてを使って、1日ずっと猫と過ごす。なんて贅沢な時間の使い方でしょうか。週末にそんな“猫カフェday”があれば、仕事だって何だって頑張れてしまいそうです。お時間のある方は、ぜひ体験してみてください。

「あいきゃっと」オリジナルグッズ

P5060087

猫たちとの時間を堪能したら、猫グッズをお土産に。しかもこちら「あいきゃっと」では、他では手に入らない“オリジナル”グッズも用意されています。

P5060088

P5060089

これらのオリジナルグッズ、使われている写真はすべて店内のスタッフ猫たちです。マグカップにマウスパッドに…身近なものだからこそ、愛着が湧きそうですね。お店を離れても、グッズを通じて猫たちと一緒に。可愛らしいグッズには、見るたびに頬が緩んでしまいそうです。

仙台駅からのアクセスに優れた、猫カフェ「あいきゃっと」。買い物の間、ちょっと休憩に立ち寄るのにも適した立地です。思い思いに過ごす猫たち。その可愛らしい姿を見たいという方は、お店に足を運んでみてください。

◆猫カフェ「あいきゃっと」
http://www.ai-cat.jp/

取材・文/三河 賢文(ペットゥモロー編集部)