「くら寿司」のリクルートサイトがシュールすぎ! 無限に広がるネットの宇宙で寿司が回っております

写真拡大

「無添 くら寿司」のリクルートサイトが、なにやらスゴイことになっている。そんなウワサを耳にした私は、さっそく話題のサイト「くらコーポレーション採用サイト」にアクセス。

するとそこには広大な宇宙が広がっており、「無限」という文字が輝く星の周辺を、イクラやマグロ、イカなどの寿司が、公転する惑星のようにグルングルン回っています。

【出だしからシュールすぎるのですが】

この時点ですでにシュールなのですが、まだまだこんなもんでは終わらない。

手始めに「無限」という文字をクリックしてみたところ、「答えを入力してください」なる表示が。

こ、答えってなんスか。試しに「くら寿司」「無限」と入力してみたけれど、すべて「間違いです」との表示が……くら寿司社員のみなさま、教えてください。一体なにが、正解なの!?

【イカをクリックしてみたところ……!?】

続いて、6種のネタの中から大好きなイカをチョイスしてお皿をクリック。宇宙船が飛んでくるような音と共に、赤い文字で「TRUTH」なる表示が出てきます。

なにがなにやらサッパリわからないので、どんどん下へスクロールしていきます。すると、くら寿司の「ひと皿 108円」にちなんで、次のような旨の記載がありました。

「新聞紙を108回折ると宇宙の広さになると言われている。ガガーリンの宇宙滞在時間も108分。偶然だろうか」

……えーと……たぶん、偶然です! 

【ネタごとにテーマが!】

また、全国にあるくら寿司の店舗数375と「地球の公転周期365日+太陽1+太陽系惑星9」の数が同じだと主張してみたりと、なにかと宇宙に関連づけたがる、くら寿司さん。

イカ以外のネタにも、それぞれ「REVOLUTION」「PHILOSOPHY」「HUMAN」「UNIVERSE」「RECRUITING」といったテーマが設けられています。

【会社に関する情報が頭に入ってこないよぉ】

サイト内の情報をよく見ると、従業員数やこれまでの売上げ、創業のきっかけ、食品へのこだわり。さらには、くら寿司が生み出した画期的なシステム「皿カウンター水回収システム」の紹介など、本来のリクルートサイトとしての役割もきっちり果たしているからスゴイっ。

ただしサイトの壮大さに気を取られて、肝心の内容がぜーんぜん頭に入ってこない! いいのか悪いのかわからないけれど、とりあえずインパクトだけは、とんでもなくデカい!

【なかなかエントリーボタンにたどり着けません】

各ページの1番下にたどり着くと、お皿が配置されておりまして、「皿カウンター水回収システムに入れてください」という指示に従ってクリックすると、スッとお皿が回収されます。これを5枚集めると、エントリーボタンが出現する仕組み。

サイトのすみずみまで読まないと、本題のリクルートサイトにたどり着けないこのシステム、なかなかニクイ。実は、ある寿司ネタの説明文の中にリンクが隠されているのですが、探すのも楽しくて飽きさせない工夫がいっぱいです。

ちなみにエントリーボタンが現れた後には謎の質問が表示されるので、エントリーする方はもちろん、ただの興味本位という皆さまもぜひチェックしてみたらいいと思うよーっ! 

参照元:無添 くら寿司
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る