辛坊治郎氏 高畑裕太容疑者を大きく扱う報道に疑問「なんで今回例外なんだ」

写真拡大

27日放送の「ウェークアップ! ぷらす」(日本テレビ系)で、辛坊治郎氏が、高畑裕太容疑者の強姦致傷容疑での逮捕における報道に、疑問を投げかける一幕があった。

番組では、高畑容疑者の事件を取り上げた。辛坊氏は今回の事件が大きく取り上げられていることは、マスコミにとって異例のことだと指摘。続けて、2014年の1年間で強姦事件の検挙数は1100件、強制わいせつ事件の検挙数は4300件あったが、そのほとんどがニュースにならないという実情を明かした。

辛坊氏は「日本で性犯罪がニュースになるのは2つしかない」と説明していく。それは、容疑者が「アメリカ軍関係者であるか、有名人であるか」のどちらかだという。それ以外のケースでは被害者への人権配慮として報道されないのだと解説したのだった。

その後、辛坊氏は、いつもは被害者への人権配慮をしながら「じゃあなんで今回例外なんだ」という疑問を呈する。そして、ゲストと議論を深めたが、最後は明確な結論がでないまま次の話題へと移った。

【関連記事】
辛坊治郎氏 都知事選で明らかになった都政の闇は「東京のマスコミの責任」
辛坊治郎氏が舛添要一氏の裏の顔暴露 麻生太郎元首相を「あんな頭の悪いやつ」
辛坊治郎氏 番組終盤で婚約者との破局を明かしたフリーアナに唖然