ジビエ鍋、サーロインに涙。蓼科「やみつき肉グルメ4選」

写真拡大

 蓼科に来たら、「お肉」です。

 夏旅、ちゃんと癒やされていますか? 人気の京都や軽井沢でバテてしまっても、「蓼科」だったら大丈夫。涼しい気候で、静かにグルメを楽しむことができるんです。中でもオススメなのが、夏バテ対策にもなる「肉料理」。

 第一弾「軽井沢より「蓼科」! 人生で一度は食べたい感動グルメ4選」に引き続き、今回は、「蓼科」のおいしいごはん第二弾、「最強のぜいたく肉グルメ4選」をご紹介します。

◆(1)秘伝スープに絶対ハマる! 夏こそおいしいジビエ鍋

●豪族の館大東園『牡丹鍋』
http://www.iweb.ne.jp/daitouen/

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=574265

 最初にご紹介するのは、蓼科グルメの中で、私がダントツに好きなお店。厚切りのイノシシ肉をたっぷり食べられる「ぼたん鍋」のコースです。

 豚肉よりもコク・滋味感あふれるお肉を、くるみ山椒味噌スープでいただくお鍋なのですが、これ、一度食べたら間違いなく記憶に残ります。

 実に濃厚、クリーミー、華がある! こんなに個性あふれる美味鍋、同じようなものを他店で食べたことがありません。

 このお鍋、「山渓郷土料理コース」のメインとして楽しむメニューですが、他に馬刺しや岩魚・鱒のお刺身など、すべてハイレベル。食事のみ(5500円(税別))も可能ですが、宿泊セット(12000円)の方が断然お得です。

【情報】
豪族の館大東園
長野県茅野市蓼科高原横谷峡入り口
TEL:0266-67-4655

◆(2)本当においしいハム・ウインナーの宝庫!

●ザ・ババリアン・ペーター蓼科店「骨付きスモークチキン、ベーコン」
http://www.restaurant-peter.co.jp/

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=574271

 高原と言えば、「ハム・ウインナー」のお土産。実にアタリハズレの多いジャンルですが、観光客の期待を裏切らない実力店がコチラ。お店に入ると、親切な店主から味見のご案内があり、食べながら商品選びをすることができます。

 ハムやウインナーのおいしさは言うまでもないですが、それら以上に美味なのが、「骨付きスモークチキン」。何度食べても飽きない味・香り・食感で、文句のつけようのない王者感を放っています。また、ベーコンも最強です。

 燻製具合やしっとり感が絶妙で、これを食べたら、スーパーのベーコンはしばらく食べられなくなるかもしれません。親子二代で経営する、地元民も認める超名店。本場ドイツのコンテストで金メダルを受賞、どっちの料理ショーなどのグルメ・情報番組にもたびたび登場しています。

【情報】
ザ・ババリアン・ペーター蓼科店
長野県茅野市北山4035-2870
TEL:0266-67-5288

◆(3)帝国ホテルのフレンチがリーズナブルに食べられる!

●竜神亭
http://31kanri.jp/tateshina/institution/#ryujin

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=574560

「せっかく蓼科に来たんだから、食事も非日常を味わいたい!」、そんな人にオススメなのがココ。帝国ホテルが経営するフレンチレストランで、ランチコースは2060円〜、ディナーコースは6690円から楽しむことができます。

 今回出てきた肉料理は、サーロインステーキ。骨付き子羊なども納得の仕上がりです。もちろんお店の雰囲気やサービスは超一流で、今回お邪魔した時には、俳優の高橋英樹さんに遭遇したほど。旅をぐーんと上質にしてくれる素敵レストランです。

【情報】
竜神亭
長野県茅野市豊平字東嶽4734-208
TEL:0266-76-2711

◆(4)八ヶ岳の黒毛和牛を七輪で楽しむ焼き肉店!

●但馬家幸之助 ちの店
http://www.tajimaya81.net/

 ご当地・八ヶ岳のこだわり肉を、「焼肉」でワイワイ手軽に味わうならココ。自社牧場で飼育された黒毛和牛が自慢で、なるほど、カルビはもちろん、赤身メインの切り落とし肉がウマイではありませんか! 地元民も普通に訪れる人気店ですが、中央道諏訪ICから5分という立地のため、観光客にも好都合。初日もしくは最終日の夕ごはんとして楽しむのがオススメです。

【情報】
但馬家幸之助 ちの店
長野県茅野市茅野2925-1
TEL:0266-82-8929

 これからの季節、夏の名残〜秋のはじまりを感じるグッドシーズンですから、美しい大自然とおいしいお肉をたーっぷり堪能ください!

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。