24日、韓国国土交通部はグーグルから申請されていた地図情報輸出申請について協議すると発表した。資料写真。

写真拡大

2016年8月25日、環球網によると、韓国国土交通部は24日、グーグル社から申請されていた地図情報輸出申請について協議すると発表した。11月23日までに可否を判断する。

韓国・聯合ニュースによると、韓国は国家安全保障を理由に地図情報の輸出について制限している。韓国外でのサーバーにおける地図情報の利用には輸出申請が必要となるため、韓国でのグーグルマップはサービスが一部制限されている。グーグル社は2010年から輸出を申請しているが、いまだに許可は得られていない。

韓国政府は軍事施設など重要施設に関する機密処理を求めているが、グーグル社は海外での地図利用に韓国政府は干渉する権限はないと真っ向から反発。そのため申請は認可されないとの見方が主流となっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)