高級ホテルのカフェで季節感あふれるマロンスイーツを満喫!

写真拡大

秋の味覚といえば栗。これから新作マロンスイーツが続々と登場する季節だ。コンビニエンスストアもカフェもファミレスも、あらゆるものに栗。でもたまにはちょっと贅沢に、ホテルのこだわりマロンスイーツはいかが?

【写真を見る】「マロンチーズタルト」 渋皮栗とラズベリーが利いた一品。550円(税込)

浦安市舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、9月1日から30日まで、カフェ「トスティーナ」でマロンを使ったスイーツとパンを販売する。「トスティーナ」は、カジュアルかつスタイリッシュにティータイムを過ごせるカフェ。挽きたてのコーヒーやTWGの高級紅茶と共に、丁寧に仕上げたスイーツやホテルベーカリーが楽しめる。

秋を迎え「トスティーナ」で提供を開始するのが、季節感あふれるマロンスイーツの数々。例えば、「マロンチーズタルト」は、渋皮栗が入ったパイ生地タルトに、レアチーズムースを重ねて、ラズベリーの酸味とマロンの優しい甘さを利かせた一品。「ガトーマロン」は、バニラのババロアとカシスムース、旬の和栗をアーモンド生地と甘いマロンクリームで包んだ。価格は共に550円(税込)。他にも、栗のあんこと甘露煮を詰め込んだ栗あんぱんや、栗のクリームをまとったモンブランデニッシュなど、季節感あふれるパンも販売中。スイーツやパンはそれぞれ持ち帰りも可能だ。

ホテル周辺には、人気テーマパークやイクスピアリ、東京葛西臨海水族館といった、お出かけスポットも充実している。秋の行楽の際には「トスティーナ」で、旬の栗と共に贅沢なティータイムを過ごしてみてはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】