『後妻業の女』 (C)2016「後妻業の女」製作委員会

写真拡大

伴侶を亡くした裕福な老人の後妻に収まり、最期を看取って資産をいただく。それを一度ならず何度も繰り返す女を描いた黒川博行の小説「後妻業の女」が、鶴橋康男監督のもと、大竹しのぶ主演で映画化された。

鶴瓶、大竹しのぶとのラブシーンに期待も「手も触れさせてもらえなかった」

孤独な老人を食い物にした事件は現実にも起きている。本来なら到底笑えない物語なのだが、熟年世代をターゲットにした大阪の結婚相談所の所長と手を組み、次から次へと相手を手玉にとっていく主人公・小夜子の行動は大胆不敵で、豊川悦司扮する結婚相談所所長・柏木との悪辣な名コンビぶりがほとんど痛快なピカレスク・コメディだ。

婚活パーティで「好きなことは読書と夜空を見上げること」「私、尽くすタイプやと思います」とシニア仕様のぶりっ子スタイルで自己紹介する小夜子は言動のすべてが見え透いているのだが、老人たちは喜んでそれに乗っかる。大竹は芝居なんかしていないんじゃないかと思うほど巧みだ。相手の目につかないところでは化けの皮も自ら平気で剥がし、ゾッとするような本性も露わにする。空恐ろしさのあまり、思わず笑ってしまいたくなる小夜子の“女優魂”は、そのまま大竹の怪演に直結する。

小夜子と柏木は悪徳の極みを尽くしているのに、冗談とも本気ともつかない様子で、自分たちの行いは寂しい老人たちへの功徳と嘯(うそぶ)いている。お上に目をつけられないように注意を怠らず、一切合財いただいてしまおうという2人の共犯関係にはうっすら男女の仲を匂わせる雰囲気もある。かと言って相手を百パーセント信じることもできない緊張感も漂う異様なコンビを、関西弁で軽口を叩きながら、大竹と豊川が活き活きと演じている。無邪気を装って男を騙す小夜子の素顔を承知しつつ、手綱を取る柏木こそ悪辣なのだが、策士でいて同時に女好きな小悪党というキャラクターに豊川が見事にはまるのだ。

この2人を怪しみ、真相に迫っていく探偵を永瀬正敏が演じ、小夜子の元夫たちに森本レオ、六平直政、伊武雅刀、そして9番目の夫・中瀬を演じるのは津川雅彦。小夜子の正体を暴こうとする中瀬の娘2人に尾野真千子と長谷川京子、小夜子の最新のターゲットである不動産王に笑福亭鶴瓶……と豪華なキャストが揃うのは、70年代からテレビドラマで数々の名作を演出してきた鶴橋監督の功績を裏付けるものだろう。色と欲、愛情、正義が絡み合い、騙し騙されの駆け引きを不謹慎すれすれのセンスで笑い飛ばしていく。

誰もが“この人しかいない”と思う役どころで期待以上の演技を見せた大竹しのぶは本当に、良い意味で容赦ない俳優だと思う。目の前にいる相手をとことん追い込み、逃さない。相手が逃げてしまう場合は残念な結果になるが、逃げずに食らいついてくる時は素晴らしい魔法が起きる。本作で白眉なのは尾野真千子と居酒屋で取っ組み合いになる場面だ。もちろん後妻業の女とその女に父親を殺されたと憎しみを募らせている娘という役同士の戦いなのだが、同時に女優2人のバトルとしても見応えがある。映画という嘘を超えた生々しい迫力が刻まれているのだ。(文:冨永由紀/映画ライター)

『後妻業の女』は8月27日より公開。

冨永由紀(とみなが・ゆき)
幼少期を東京とパリで過ごし、日本の大学卒業後はパリに留学。毎日映画を見て過ごす。帰国後、映画雑誌編集部を経てフリーに。雑誌「婦人画報」「FLIX」、Web媒体などでレビュー、インタビューを執筆。好きな映画や俳優がしょっちゅう変わる浮気性。