26日、学歴が人生を大きく左右する中国では教育に熱心な親が少なくないが、環球時報は海外メディアの反応を紹介し、3歳から奮闘する中国の教育について伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年8月26日、学歴が人生を大きく左右する中国では教育に熱心な親が少なくないが、環球時報は海外メディアの反応を紹介し、3歳から奮闘する中国の教育について伝えた。

中国の教育について、オーストリア紙Die Presseは「中国の子どもは3歳からリーダーに必要な能力を養っており、幼稚園に入る前から将来の生存のために奮闘している」と報じた。報道によると、中国人の親は子どもが将来リーダーシップを発揮できるように、1年の学費が6650ユーロ(約75万円)に達するような高額なスクールに通わせている。長期休暇期間には、馬術やゴルフ、金融関連のスクールに通わせる人も少なくない。

中国の親は「スタートラインで後れを取ってはいけない」との考えが強く、有名な私立幼稚園に申請するだけでも長蛇の列ができる。親は子どもの教育に余念がないが、子どもにとっては重圧である。課外の時間は習い事で埋まり、9歳の子どもが16時間勉強する中で休憩時間はわずかに30分というケースも見られている。(翻訳・編集/内山)