松山は2日目に“75”と失速(写真は初日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ザ・バークレイズ 2日目◇26日◇ベスページ・ステートパーク(7,468ヤード・パー71)>
 米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第1戦「ザ・バークレイズ」の2日目。イーブンパー33位タイから出た松山英樹は2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“75”でホールアウトした。
米国男子ツアーの特選フォトギャラリー
 インコースからスタートした松山は10番でボギー発進。12番ではダボを叩くなど前半で5つスコアを落としてしまう。後半も4番パー5で3パットをしてしまいボギーが先行。しかし、終盤の6番からは連続バーディを奪取、意地を見せたがこの日は4つスコアを後退させてしまった。
 松山はトータル4オーバーで暫定93位タイ。現在のカットラインは2オーバー。午後スタートの選手たちの結果次第だが、現時点では予選通過はかなり厳しい状況となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>