26日、ポケモンGOフィーバーでプレーヤーが集中し、ごみが散乱した台北の公園で、1人の日本人がごみを片付ける活動を行ったと伝えられている。写真は大混乱の同公園。

写真拡大

2016年8月26日、台北の北投公園がレアポケモンの発生をきっかけに「ポケモンGOの聖地」として日夜を問わず大勢の人で埋め尽くされ、近隣住民の生活に影響しているだけでなく、周辺にごみが散乱するなどの事態となっている。環球網が伝えた。

そうした中、北投公園の惨状を知った日本人が散乱している大量のごみを片付けた。用具を持参して掃除したほか、救護用品まで用意して、ゲームに熱中して転倒するなどでけがをした人の手当ができるように配慮していたという。

この行いが知れると、台湾のネットユーザーからは感謝の言葉や、ポケモンGOプレーヤーに向けて自制を呼びかける言葉が相次いだ。

ポケモンGOの過熱を原因とする混乱は次々に発生しており、北投地区では週末だけでも警察の取り締まり件数が430件あったほか、散乱したごみに地域住民は頭を悩ませている。その混乱ぶりは米誌タイムも「まるでこの世の終わりのようだ」と報じている。(翻訳・編集/岡田)