25日、エディソン・チャンから批判を浴びせられたリン・チーリンが、厳しく相手をたしなめる言葉を初めて口にしている。写真1枚目はリン・チーリン、2枚目はエディソン・チャン。

写真拡大

2016年8月25日、歌手で俳優のエディソン・チャン(陳冠希)から批判を浴びせられた女優リン・チーリン(林志玲)が、厳しく相手をたしなめる言葉を初めて口にしている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

エディソン・チャンがSNS上で、リン・チーリンのことを「ビッチ」と批判し、世間を驚かせたのは先月末のこと。交際中の中国人モデルが出演予定だったテレビ番組から外されたことで、同番組の出演者の1人であるリン・チーリンが「陰で指示した」と思い込み罵声を浴びせた。番組のプロデューサー、リン・チーリンのマネジャーに相次いで誤解を指摘されたエディソン・チャンだが、怒りは収まらない様子で、その後しばらくはリン・チーリンへの攻撃を続けていた。

25日、ニュースサイト・新浪のインタビューに応じたリン・チーリンが、これまでほとんど語らなかった今回の騒動に言及。インタビュアーがこの騒動に触れた時、リン・チーリンのスタッフが阻止しようとしたが、それを振り切って本人が答えているため、よほど我慢ならない出来事だったようだ。

リン・チーリンはあえてエディソン・チャンの名前を語らなかったものの、その回答が彼に向けられているのは明らか。「自分の能力を信じてこういう怒りをまき散らしたとすれば、その能力があるなら感情を引っ込めるべき」と、言葉の端々に皮肉を込めて語っている。

リン・チーリンによると、芸能界でまず学んだのは「自分に関するマイナス話題もあえて受け入れる覚悟を持つこと」だった。また、これまでバッシングに対して多く語らない姿勢を取り続けたのは、「言葉にするより、行動と時間が全てを証明してくれる」と信じているからだという。(翻訳・編集/Mathilda)