深イイ!2位イチロー「心震えるスポーツ選手の名言」500人が選ぶ1位は

写真拡大

8月21日に閉幕したリオオリンピック。世界中のアスリートが熱き戦いを繰り広げる大舞台では、世界を経験した人だからこそ語れる名言が度々登場しています。

日本人選手の名言では、元競泳選手の金メダリスト・北島康介の「ちょー気持ちいい!」や、元女子マラソン選手で銅メダリスト・有森裕子の「初めて自分で自分をほめたい」などが有名ですよね。

そこで今回『VenusTap』では、男女500人に「あなたが一番グッとくるスポーツ選手の名言は?」というアンケートを実施。

リオオリンピックの興奮も冷めやらぬ中、私たちの心を動かすアスリートの偉大な名言をランキングでご紹介します。

■3位:王貞治

「敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける」

3位には、元プロ野球選手で、現在は福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長、日本プロ野球名球会顧問として活躍する王貞治氏の名言がランクイン。

相手と戦うことを避けられないスポーツの世界に身を置きながら、自分のモチベーションの保ち方、自分をどう鼓舞するかという“自分との戦い”こそが重要だということを教えてくれます。

「嫌な上司と関わる時間よりも、自分がどういう仕事をするかの方が大切だと教えて貰った」など、スポーツだけでなく仕事や様々な困難に直面したときにも当てはまる名言、という意見も見られました。

■2位:イチロー

「努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうだと思う」

先日、史上30人目のMLB通算3,000安打を達成したメジャーリーガーのイチロー選手の言葉が2位にランクイン。

素晴らしい偉業の数々に「元から才能があるのでは?」と思ってしまいがちですが、度々「自分は天才ではない」と発言しています。

ほぼ無名からのドラフトでのプロ野球入団や、“イチロー”と改名するまでパッとしなかったオリックス・ブルーウェーブ時代を知る者にとっては、その後の活躍は低迷期の努力があるからこそ花開いたものだと分かります。

「努力すれば結果がついてくることを教えてくれる」、「努力が無駄じゃないことをイチローの生き様が証明してくれていると思う」などの声を集めました。

この言葉は、“普通の人間でも努力を重ねれば天才と言われるまでになれるかもしれない”ことを彼自身が証明してくれている気がしますね。

■1位:イチロー

「小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ」

2位に続き、1位もイチロー選手の名言が輝きました。これまで数々の名言を残していますが、中でもシアトル・マリナーズに所属していた2004年に年間最多安打達成した直後に発したこの言葉がトップに。

「イチローの言葉を聞くと、コツコツ頑張れば自分でもいつか大きなことができるような気がしてくる」、「目の前のことに一生懸命に打ち込むことが大切だと教えてくれる」など、前向きな気持ちになるという声が多く聞かれました。

偉業をなし得た“生きる伝説”の発言だからこその重みがある、偉大な言葉ですね。

■リオオリンピックの金メダリストが残した名言

今回のオリンピックに出場した選手たちも、素晴らしい名言を残しています。

中でも注目したいのは、柔道男子73キロ級で見事金メダルを獲得した大野将平選手。

美しい日本の柔道をとても大切にしている大野将平選手は、試合後のインタビューで「柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさというものを見ているみなさんに伝えられたんじゃないかと思います」と語った姿が印象的でした。

そんな彼は、2013年に世界選手権の6試合を全て“一本”で勝つという見事な成績を残しています。その際に言った深い言葉がこちら。

「僕はそういう(一本を取る)柔道しか教わっていない。日本の柔道が1番強く美しい」

低迷していた日本のお家芸・柔道を見事に返り咲かせた立役者のひとりであるだけでなく、柔道家として常に“美しい柔道”を追求する大野将平選手の言葉は、自分が関わるものごとへの深い愛を感じ、胸に深く響くものがありますよね。

素晴らしい名言を残した選手たちは、みな“自分”という大きな相手と戦い続けています。だからこそ、このような素晴らしい言葉が生まれるのでしょう。

【画像】

※ BIRMINGHAM, MI - JUNE 10:  Ichiro Suzuki #51 of the Seattle Mariners poses for a portrait on June 10, 2011 in Birmingham, Michigan. (Photo by Gregory Shamus/MLBPA via Getty Images)

※ Sadaharu Oh, manager of Team Japan, takes a victory lap around PETCO Field after Japan defeated Cuba in the Championship Game of the of the 2006 World Baseball Classic at PETCO Park in San Diego, Califrornia March 20, 2006. (Photo by Steve Grayson/WireImage)

※ Miami Marlins’ Ichiro Suzuki acknowledges the fans after hitting a single in the first inning during a game between the St. Louis Cardinals and the Miami Marlins on Saturday, Aug. 15, 2015, at Busch Stadium in St. Louis. It was his 4192nd professional career hit (combining Nippon Professional Baseball and MLB), unofficially breaking Ty Cobb’s record. (Chris Lee/St. Louis Post-Dispatch/TNS via Getty Images)