夜の「10分ケア」で翌朝の肌がかわる!プロが教える正解スキンケア

写真拡大 (全3枚)

一晩でお肌がこんなに変わるなんて……!と驚くほどに翌日のお肌の状態を良くするために、使う時間はなんと“わずか10分”。

今回は、プロが実践するシンプルで時短のスキンケアテクニックを、美肌研究家でコスメコンシェルジュの筆者がご紹介します。

■1:バスタイム後の3分以内を大切に

バスタイムはリラックス効果も得られ、美容のためにはとても良いとされています。しかし入浴後のお肌は熱と一緒にお肌の水分がどんどん蒸発し、乾燥しやすい状態になっています。

そのため、遅くても3分以内に保湿を始めるようにしてください。もちろん早ければ早い方が良いでしょう。いかにこの乾燥しやすい状態から抜け出すかが重要なポイントとなります。

■2:お肌がOKサインを出すまでハンドプレス

化粧水の付け方でおススメするのは、ご自身の手を使うこと。体温を使ってしっかりお肌に浸透させましょう。そしてギュッとお肌を抑えるハンドプレスでお肌がみずみずしくキラっと光を放つ感じがOKサイン! お肌がOKサインを出すまでたっぷりと化粧水を使い、ハンドプレスをしてしっかり保湿をしてあげましょう。

■3:クリームで素早くフタをする

化粧水を使ったハンドプレスでお肌がOKサインを出したからといって、安心してはいけません。水分はそのままの状態だとどんどん蒸発していってしまいます。油分でしっかりフタをすることで翌朝、保湿効果を実感することができます。

■4:乾燥しやすい目元などはクリームを重ね塗り

目元のメイクのりが悪いなどの悩みを抱える人が多いのは、細かい目元の保湿が十分にできていないことが原因。もともと乾燥しやすいところのため、アイクリームを使ったり、クリームを重ね塗りしておくことで翌朝は別人のようにスッキリした目元になれますよ。

いかがでしたか? ポイントとなるのはお肌が出すサインを見逃さないことと、お肌を守るためのスピードの中に丁寧さを大切にしたスキンケアをすること。これを心がけることで、効率よく美肌を手に入れることができるのです。わずか10分で美肌になれるスキンケアテクニック、ぜひ今日から試してみてください。

【筆者略歴】

杉本 由美 ・・・ 手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。アンチエイジングや、シーンに合わせた美肌メイクなどで、女性としての魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられるHappyな美肌Lifeを送る。