長寿のヒミツはこの果物に?

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部
監修:山本 ともよ(管理栄養士)

長寿で知られる沖縄県のなかでも、沖縄本島北部に位置する大宜味村(おおぎみそん)は長寿の里として有名です。

「何が長寿の秘訣なのか?」 と大宜味村に対するさまざまな研究が行われる中、村の特産品であるシークワーサーの効用が注目を集めています。

シークワーサーは「インスリン」の働きを改善し、肥満やメタボリックシンドロームの予防に役立つと考えられているのです。
早速詳しく見ていきましょう。

インスリンの働き


血液中のブドウ糖が増えると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンを感知すると、体は血液中のブドウ糖を別のかたちに変換します。ひとつは、筋肉などによって使われやすく、エネルギーの一時的な保存に適した「グリコーゲン」です。もうひとつが、グリコーゲンよりも長期的にエネルギーを保存するのに適した「脂肪」です。

グリコーゲンは肝臓と筋肉に保存されます。肝臓は生命維持のために血液中のブドウ糖濃度をコントロールしており、そのためには、ブドウ糖がたくさんつながった構造を持つグリコーゲンが必要です。

また筋肉は、活動するためのエネルギー源としてグリコーゲンを必要とします。


ただし、グリコーゲンのかたちで蓄えられるエネルギーには限度があります。例えば、肝臓は300〜400kcalのグリコーゲンを蓄えることができますが、この量は、夕食をしっかり食べても朝起きるころには無くなってしまう程の量にすぎません。そして、グリコーゲンとして蓄えられないエネルギーは脂肪として蓄えられます。


このことから、インスリンは血液中のブドウ糖濃度とグリコーゲン、脂肪の量を調節する重要なホルモンであることがわかります。

メタボを進める「インスリン抵抗性」


何らかの理由でインスリンが効きにくくなることを「インスリン抵抗性」といいます。

インスリン抵抗性が高まると、血液中のブドウ糖がグリコーゲンや脂肪として上手く取り込まれず、血糖値が下がりにくくなるのです。インスリン抵抗性は生活習慣の乱れや肥満によって高まります。その状態が続くと、血糖値は徐々に高くなり、糖尿病の発症につながります。

また最近では、インスリン抵抗性が高まることで糖尿病だけでなく、血圧や血清脂質、尿酸値など、メタボリックシンドロームに関わる様々な状態を悪化させることがわかっています。

ノビレチンのメタボ予防効果に期待


シークワーサーに含まれる「ノビレチン」という成分は、インスリン抵抗性を改善することで、メタボ進行を改善・予防する効果があると考えられています。

カナダのウェスタンオンタリオ大学の研究チームは、マウスを使ってノビレチンの働きについて実験を行いました(2011年4月)。まず、インスリン抵抗性を示すマウスに高脂肪・糖の負荷を与えると、肥満、高コレステロール、高中性脂肪、高血圧、高インスリン、高血糖、脂肪肝といったメタボリックシンドロームの症状が現れることが確認されました。

次にインスリン抵抗性を示すマウスにノビレチンを投与し、高脂肪・糖の負荷などその他の条件を同じにしたところ、体重は正常で、メタボリックシンドロームの症状は現れませんでした。また、インスリンに対する感受性も高まり、インスリン抵抗性が改善したといいます。

ノビレチンは柑橘類の皮に多く含まれる成分です。シークワーサーには特に多く、温州みかんの10倍以上のノビレチンを含んでいます。ノビレチンを効率よく摂るには、皮もよく洗って食べるとよいでしょう。


以下にノビレチンを効果的に摂取できるよう、カンタンなシークワーサー料理をご紹介いたします!

シークワーサーの果汁と皮を使ったサラダ


シークワーサーの皮を玉ねぎ、トマトといっしょにいただきましょう。ドレッシングにはシークワーサーの果汁を使います。

【材料】

・シークワーサーの皮 1個
・玉ねぎ 半分
・トマト 1個


(ドレッシング)
・シークワーサー果汁 200g
・塩 少々
・島唐辛子(または一味唐辛子) 少々

【作り方】
1. シークワーサーの皮を包丁で薄くむき、千切りにする
2. 玉ねぎを薄くスライスして水にさらし、ざるにあげて水気を取る
3. トマトを食べやすい大きさにカット
4. シークワーサーの皮、玉ねぎ、トマトを皿に盛り、ドレッシングをかけて和える


お好みで酢を加えても美味しくいただけます。


健康維持の基本は適度な運動とバランスのよい食事です。その上でシークワーサーを上手く取り入れていきましょう。

調理が面倒だという人は、シークワーサーを絞り、炭酸水やお酒に入れていただくところから始めてみるのがオススメです。


<参考>
『沖縄を代表する柑橘類といえば「シークワーサー」。ダイエットや美容に注目の成分「ノビレチン」がたっぷり!』 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000311.000001593.html