キャンプで「点てたてのお茶」を。中川政七商店xスノーピークの茶道具

写真拡大

今年で創業300年を誇る奈良の老舗ブランド「中川政七商店」。

100年に1度のアニバーサリーイヤーということで、藤子・F・不二雄さんの漫画『ドラえもん』とのコラボ商品を発売し、ルーミーでも大きな話題になりました。そんな「中川政七商店」が次なるコラボパートナーとして選んだのは、新潟県に本社を置くアウトドアブランド「スノーピーク」。

中川政七商店とアウトドアブランドのスノーピークによるコラボレーション商品は野外でも気軽にお茶が楽しめるおしゃれでプレゼントにぴったりな野点セット_1

奈良と新潟。場所も業種もまったく違う2社が共同で製作したのは、野外でも気軽にお茶が楽しめる「野点セット」です。

江戸時代には奈良晒と呼ばれる麻産業で成長した「中川政七商店」ですが、1973年からは茶道具業界にも進出。今回の企画では「キャンプ x お茶道具」をコンセプトにし、野外で自然を楽しみながら茶を点てられる道具を製作しました。

中川政七商店とアウトドアブランドのスノーピークによるコラボレーション商品は野外でも気軽にお茶が楽しめるおしゃれでプレゼントにぴったりな野点セット_2

セット内容は、スノーピークのロゴが入ったチタン製の茶碗に、茶巾、茶筅、茶杓、なつめ、そして豪華な装飾が施された仕覆の6点セット。

販売価格は20,000円で、120セットだけの限定商品。中川政七商店の店舗と公式オンラインショップでは9/28(水)から、スノーピーク直営店では10/6(木)から発売予定とのこと。

キャンプ場で飲む淹れたてのコーヒーは格別ですが、大自然の中で飲む「点てたてのお茶」も、日常にはない贅沢なひとときが体感できそうです。

アウトドア好きな人へのプレゼントにもおすすめです。

[中川政七商店]