新竹市政府提供

写真拡大

(新竹 26日 中央社)新竹市政府は26日、交通渋滞の解決を目的として、日本統治時代に建てられた台湾鉄路管理局・新竹駅の駅前の「大改造」を行う考えを明らかにした。予算は4000万台湾元(約1億2800万円)で、東京の有楽町駅やロンドンのキングス・クロス駅などを参考にするとしている。

新竹市政府によると、花壇などを取り払い駅前の見渡しを良くするほか、周辺の歩道の幅は3メートルから5メートルに拡大され、緑化も進められる。

新竹駅は台湾に現存する最古の駅で、日本統治時代の1913(大正2)年に完成。新竹市の重要なランドマークとして愛され、1998年に国定古跡に指定された。昨年2月には同じく100年以上の歴史を持つJR東日本の東京駅と姉妹提携を締結している。

(魯鋼駿/編集:杉野浩司)