26日、韓国メディアによると、韓国の技術で開発した「太陽光無人機」が、成層圏での飛行に成功した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年8月26日、韓国・スポーツ朝鮮によると、韓国の技術で開発した「太陽光無人機」が、成層圏での飛行に成功した。

韓国航空宇宙研究院は25日、韓国の技術で開発した高高度太陽光無人機「EAV−3」が、高度18.5キロメートルの成層圏で90分間飛行したと明らかにした。高度18キロメートル以上の成層圏での飛行に成功したのは、英キネティック社の「ゼファー」、米エアロバイロンメント社の「ヘリオス」に続いて世界3番目。ドローンを飛ばして無線インターネット網を構築しようとしているグーグルやフェイスブックもまだ成功していない技術だという。

成層圏は風が弱く雲がないため、太陽光を動力として使用できる。また、18キロメートル以上の区域は地上の管制が適用されないため、決められた航路を飛行する必要がない。

高高度太陽光無人機に各種のカメラを設置すれば、地上観測任務を遂行するのに役立つ。また、通信中継や気象観測など低軌道衛星レベルの任務を安く、環境に負担をかけずに遂行することができる。

高高度太陽光無人機は今後、地上観測、リアルタイム映像の伝送、通信中継、気象観測などの任務を遂行する上、バッテリーの効率が改善されれば、不法操業を行う外国漁船や海洋汚染、山火事などの監視にも活用されるという。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「不正なく予算が使われれば、韓国はもっと良い国になれる」
「技術だけ優れていてもね…。政治はひどい状態なのに」

「すぐに財閥の所有物になり、使い物にならなくなる」
「素晴らしい進歩。たまには良いニュースもないとね!」

「金正恩(キム・ジョンウン)を追跡するのに役立ちそう」
「これがあれば、サードミサイル配備を撤回してもよいのでは?」

「ここまでが限界。これ以上の発展はない。それが韓国スタイル!」
「日本製の部品を買って組み立て、なんとか1度の飛行に成功しただけでしょ?それを『韓国の技術だ!』と騒いでいるだけ。10年後の実用化は日本で行われ、日本の航空機を輸入することになるのだろう」(翻訳・編集/堂本)