ショップ店員に本音を聞きたい!似合わない服でも客には「お似合いです」がジョーシキ?

写真拡大

洋服を買いに行って試着したら、お店の人に「お似合いですね」と、声を掛けられたことがある人も多いかと思います。自分でも似合っていると思う時に言われるのは嬉しいものですが、しっくりきていない時に言われると首をかしげてしまいますよね。

­

そこで、洋服販売の仕事をしたことがある女性100人にずばり本音を聞いてみました!その洋服がお客にまったく似合っていなかった場合でも、「似合っている」といおだてるのが販売のジョーシキ??

­

結果は、「yes」つまりジョーシキだと答えた人が57人、一方、「no」と答えた人が43人となりました。さて、その理由とは?
否定しないのがセールストークの基本
・「『これなんか似合いそうですよ』と提案してみたことはあるけど、やっぱりお客さまは自分が気に入ったものを買っていく方がほとんど。自分が選んだ洋服を『似合わない』と言われたら気分を害されるのでは?店の入口にトルソーを置いているが、毎回そのコーディネイトで一式買ってくれるお客様がいる。実はその方には全然似合わないのだが、あえてそのことは言わないようにしている」

­

・「『よくお似合いですよ』は『こんにちは』のような、挨拶程度の言葉だと思う。白髪染めの主婦層と思われる方でもセシルマクビーのようなギャル系の洋服を購入される方も多くいるので、いちいちホントのことは言ってられない」

­

・「あきらかにサイズが違う場合はゆとりのあるものを進めることはありますが、若作りをしている方に対して年相応の洋服を進める勇気もないので、とりあえず『お似合いです』と声をかけます。おしゃれは自己満足に近いのでお客様が満足しているようなら必ずそれに合わせて褒めちぎります」

­

・「お客様が商品を1つに絞って迷っていたら、ひと押ししてあげる方がいいと思います。否定されたら気を悪くすると思う」

­

ファッションの好みは人それぞれですから、似合ってようが似合ってなかろうが、好きな服を着る自由はあるという考え。そのお客様の気持をもうひとつ後押しするためには、販売員の「お似合いですよ」は、必要な言葉なのかもしれません。もちろん「売るためには必要なセールストークだから」という理由も、プロとしては当然です。
とりあえず似合っていると言うが勧めない
・「ま、おざなりに『お似合いですよ』と一度は言います。試着する段階で半分以上買いたいと思っておられるお客様が多いので、その気持ちに水を差すことは言いません。ただ、例外も。見るからにふくよかなお客様がサイズの小さいトップスを買おうとしていたので、『いまはゆったりと着るのがはやっています』と言ってあげました」

­

・「せっかく買い物に来てくれたからには、いい気分になってもらいたいから。一応『似合ってる』とは言いながらも、他に似合うのを探してあげてそっちを選ぶようにさりげなく誘導する」

­

・「『形は似合ってるけど、色はこっちがもっと似合うかも』と言って違うデザインに誘導したりはします。売上は必要だけど、似合う客に買ってほしい服というのも存在しますから!おすすめコーデを毎回まるっとフルコーデ買うお客様がいますが、ありがたいし、コーデ組ませてくれるから楽しいです」

­

あきらかに似合っていない場合、さりげなくもっと似合う服に誘導する。これもプロらしい意見ですね。このタイプの販売員は、コーディネートに自信あり!というファッションリーダー達かもしれません。カリスマショップ店員さんに憧れて通って来る客なら、似合う服のアドバイスはどんどんして欲しいですものね。
お世辞は言わず本音で勝負