高いコントラストにシャープな描写!ライカは双眼鏡でもライカだ!

写真拡大

自然観察やバードウォッチングなどが趣味だという愛好家には欠かせないアイテム、双眼鏡。ワンランク上のハイクオリティな双眼鏡を求める人に最適なのが、あの伝説のカメラメーカー・ライカが生み出す「ライカ ノクティビット」だ。

[関連記事]デジカメを超えた?ライカで撮るスマホ「HUAWEI P9」

ライカの技術を集結したハイエンドなアイテム

ライカの双眼鏡は、機能もデザインもさすがのハイレベル。

12枚ものレンズを組み合わせた構成で、Schott社のHTTM(高透過)ガラスを採用し、さらに、高温プラズマ蒸着プロセスによるこ最高品質のコーティングをレンズに施すことにより、息を呑むような明るさと自然な色再現を可能にしました。

ライカが開発したこのアクアデュラコーティングは、悪天候でも水晶のようにクリアな視界を実現するほか、傷や摩擦からもレンズを保護。水やほこりをはじき、レンズ表面に汚れや指紋が付着しても、さっと拭き取れる。

高いコントラスト、エッジが際立つシャープな描写、これまでにない立体的な見え味など、100年以上の双眼鏡の技術を集結したハイエンドなプロダクトだ。

また、カメラメーカーだけあり、フォーカシング精度も優れている。新たに設計された焦点調節用ホイールで小さなものにもピントをシャープに合わせることができ、遠景の対象物でもホイールを一気に動かして素早いピント合わせが可能だ。

鏡筒を片手でも容易に掴めるコンパクトサイズにこだわり、重心が手のひらの中央に来る設計に。ラバー仕上げの外装は滑りにくくしっかりホールドできる。マグネシウムボディにはライカが特許を取得している硬度クラス8のコーティングを施し、堅牢なつくりに。屋外で使う双眼鏡においても、そのタフさは心強い。

なによりもライカらしいそのデザインがたまらない。シンプルだがスタイリッシュかつエレガントな姿は、持っているだけでも格好いい。もちろん価格もハイクラスだが、それゆえに一生モノとして大切に使い続けることができるだろう。

2016年9月より「ライカ ノクティビット8×42」「ライカ ノクティビット10×42」の2タイプを、ライカストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて発売予定。

ライカ >> https://jp.leica-camera.com/

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
デジカメを超えた?ライカで撮るスマホ「HUAWEI P9」

豪華すぎ!ライカ×グローブトロッター限定バッグ

アウトドアの人気モノ!「ワザありお役立ちグッズ」まとめ