健康的な「デブエット」で太る方法は?

写真拡大

「デブエット」という言葉がある。ダイエットとは反対に、体重を増やして体を大きくさせるのがデブエットだ。ダイエットに励む人が大勢いる一方、なかなか太れない体質の人は、密かにデブエットに励んでいるのだ。

「教えて!goo」にも「太りたい」という相談が投稿されている。相談者さんは179cm53kgの高校生。太るためにファストフードを食べたりプロテインを飲んだりしているが、全く太らないと言う。部活で週2回筋トレをしていて、朝は時間がないため朝食は摂っておらず1日2食という生活とのことだ。どうすれば太れるかという質問に対して、回答者たちからは様々なアドバイスが寄せられた。

■おすすめ出来ない太り方

単に太るだけで良いのなら、このような方法がある。

「いつも菓子パンを食べると太りますよ」(maigonosyuhuさん)

「寝る前に沢山食べるのがいいのですが。胃腸が弱いといくら食べても吸収しにくいので、太るだけなら水分(糖分が多いジュース等)を多く摂ると自然に胃袋も大きくなります」(白水2015さん)

しかし、いつも菓子パンを食べていたりジュースを多く摂るという方法だと、各種栄養素はあまり摂れずに糖分ばかりやたらと摂ることになってしまう。たくさん食べてすぐ寝るという方法も、胃に負担がかかったり、眠りが浅くなるなどのデメリットがある。どちらも太れることは太れるかもしれないが、健康面も考えるならばおすすめは出来ない。ブヨブヨで醜い太り方になってしまう恐れもある。

■朝食を摂ろう

では、出来る限り健康的に痩せるにはどうすれば良いだろうか。

「朝時間が無くても牛乳ぐらいなら飲めるのでは?」(nicofotoさん)

朝食を食べていないという相談者さんに対して、とにかく朝も何か口にしようという意見が見られた。卵かけごはんとインスタントの味噌汁といったような簡単な朝食は、時間がない朝でも手軽に食べられて、栄養面から見てもおすすめだ。何も食べないより、こういった簡単な朝食だけでも食べた方が良いだろう。

■筋トレとプロテインでは太れない?

相談者さんが取り入れている筋トレとプロテインに関しては注意点が寄せられている。

「筋トレで体が大きくなることはありませんので、あくまで食う量を増やして太るんです。筋トレは皮下脂肪を付けずに筋肉のほうを増やしたいから行うのです。筋トレ始めたのに食ってる量が同じだったら、皮下脂肪が落ちてガリガリに痩せますよ」(nicofotoさん)

「プロテインだけではダメですし、プロテインは逆にダイエットに用いられる事が最近多いですし。筋肉量が増えれば代謝も上がりますから、寝ていてもエネルギー消費が高まるので食事は大事です」(Epsilon03さん)

筋トレをしたりプロテインを飲んだりしているだけでは、逆に細くなってしまうことも。やはり、筋トレやプロテインだけでなく、それらにプラスして食事をしっかりと摂ることが大事なようだ。

■何をどれぐらい食べてる?

「だいたい1日何キロカロリーぐらい摂っていますか? 1回1日の食事量をしっかりメモして計算したほうが良いですよ。食べているつもりではなく、食べているという事実が大事なので」(nicofotoさん)

食事が大事となれば、何をどれぐらい食べているのか記録するのが良いだろう。ダイエットする際も、食べたものを記録するレコーディングダイエットという方法があるが、デブエットの際もこれは有効なようだ。

相談者さんのように食べる量が少ない人はもっと増やすこと、それを記録し確認すること、そのうえで筋トレやプロテインなどを取り入れて、健康的なデブエットを心がけたいものだ。

渡辺結花(Watanabe Yuka)