『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐や『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ、『北斗の拳』のコビトなど、悪役や主人公と敵対する登場人物に意外といるメガネキャラ。

 現在Twitter上では、そんなキャラたちの日常生活が気になるという投稿が、大きな反響を呼んでいる。

 そのキャラがどんなに下劣な悪役やクールに気取った人物であっても、メガネ店の視力検査では、おとなしく受けていたのではないかと主張する投稿者。

 メガネ店に務めた経験のあるTwitterユーザーによると、どんなに横柄な態度を取る人でも、検査ではおとなしく従ってくれることが多かったようだ。

 この投稿を受けて、ほかにも刑事ドラマで律儀に「どうぞ」と言って無線を返してくる犯人や、自動車免許の卒業検定でガッツポーズするキャラなど、設定の裏側がきになる事例が寄せられた。

 一見とっつきにくいキャラクターであっても、彼らの日常生活に思いを巡らせてみると親近感がわくのではないだろうか。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら