『ダンケルク(原題)』海外版ティザーポスター (C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

写真拡大

『ダークナイト』トリロジー、『インセプション』、『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督が初の実話の映画化に挑む『ダンケルク(原題)』。この作品の日本公開が2017年に決定し、特報が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ダンケルク(原題)』特報

本作は、第2次世界大戦中の1940年5月26日から9日間、860隻の船舶で、イギリス軍、フランス軍の兵士約30万人以上もの命を救った、史上最大の救出作戦「ダンケルク作戦」を描いたスペクタクル・サスペンス大作。撮影は今年5月23日から舞台となったフランスのダンケルクを皮切りに、オランダ、イギリス、そしてアメリカで行われた。

本作には、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランス、役者のみならず監督としても評価の高いケネス・ブラナー、ノーラン作品常連の個性派キリアン・マーフィーらが出演。ワン・ダイレクションとして活躍していたハリー・スタイルズが自らオーディションを経て映画初出演をはたしている。

解禁となった特報は、1分弱の短い映像。「逃げ場無し」「全滅寸前」「生き残れ」というテロップの後、撤退する兵士でギュウギュウ詰めの船舶に戦闘機の飛ぶ音らしい轟音が迫ってくるというもの。

ライランスは本作についてEmpire誌で「これまでになかった展開の素晴らしい映画になる。いきなり観客を戦争のド真ん中へ連れて行く」とコメントしている。

『ダンケルク(原題)』は2017年7月19日に、本作の舞台となったフランスとベルギー、7月21日に全米&全英で公開。日本公開は2017年を予定している。