16時過ぎ。ヒールでもむくみ知らずで歩ける

写真拡大

一日中ヒールを履いていると、夕方には「えっ!?」ってくらい足がむくんでしまいます。

モデルでウォーキングアドバイザーの仁香さんによると、むくみの原因はヒールによる足の冷えにあるよう。

「指先が締め付けられるヒールは足が冷えやすく、足首や足裏が硬くなってむくんでしまうんです」(仁香さん)

でも、どうしてもヒールを履かなきゃいけないときや、ヒールを履きたい気分のときもあります。そんなとき、足の負担を軽減する歩きかたを教えてもらいました。

足に負担をかけないヒールでの歩き方

1.土踏まずから着地するイメージ

2.前のめりにならないよう腹筋を意識

「ヒールを履いたときは、かかとではなく土踏まずから着地するイメージで歩くようにしましょう。また、上体が前のめりになりがちなので、腹筋に力を入れて歩くこと。ヒールが高ければ高いほど難易度は上がっていくので、5cmヒールくらいの高さから練習するのがベストです」(仁香さん)

また、たまにデスクの下でヒールを脱いで足首をぐるぐるとまわすことも、むくみ予防になります。

夕方の憂鬱が、もっと歩きたい! に変わるはず。

写真/Shutterstock 文/グリッティ編集部

※この記事は2014年10月に公開した記事を再編集しています。