「痛カプ」の個室内には美少女が描かれた抱き枕とシーツが……。

写真拡大

 近年、着実に増えている外国人観光客。観光庁のデータをみても、それは顕著だ。2011年は東日本大震災の影響で前年からその数を減らしているものの、それ以降は毎年確実に増加を続けている。それぞれ前年と比較した場合、12年は34.4%、13年は24%、14年は29.4%の伸び率を記録。15年に至っては、47.1%と大きくその数を増やしている。

 そうした影響を受けてか、近年は神社仏閣などはもちろん、漫画やアニメグッズが手に入る店や、忍者パフォーマンスが見られる場所など、「クールジャパン」に触れられるスポットが人気を集めている。

 横浜市中区にあるカプセルホテル「ビジネスイン ニューシティー」もそのひとつ。ここに今年4月に登場したのが、「クールジャパンフロア」だ。施設の一部をリニューアルし、「アニメ」「戦国」「忍者」「花魁」の4つのコンセプトで内装を施したという。 

 外観は普通のカプセルホテルだが、支配人の藤井純一さんに案内されてそのフロアへと進むと、思わず周りを見回してしまう部屋ばかりだった。

 最初に入った「戦国」をイメージしたという部屋は、左右にずらりと並ぶ個室のすだれに、戦国武将の家紋が描かれている。その家紋はひとつひとつ異なっており、外国人観光客はお気に入りの家紋の個室を選ぶのだとか。ちなみに1番人気は、宮本武蔵の「九曜巴(くようともえ)」。しかし人で家紋を選んでいるというよりは、模様自体のインパクトで選んでいる様子だという。

 続いて訪れた「忍者」をイメージした部屋は、予約の時点では人気ナンバーワン。個室は赤と黒で統一されており、すだれには手裏剣が描かれている。忍びというと地味なイメージがあるが、ロッカーには忍者のシルエットや「忍」「NINJA」といった文字が躍り、壁には華やかな桜の柄もあしらわれている。部屋だけでなく、個室の中にも忍者の影が記されていたりと、細部にまでこだわりが見える。

 次に案内された「花魁」の部屋は、もっとも最近に完成したもの。それだけに、「戦国」や「忍者」の部屋でのノウハウが生かされた部屋だという。「4つの中ではもっとも完成度が高い部屋だと思います」と藤井さんは自負する。

 確かに、花魁の部屋は全体にカラフルで、これまで以上に華やかな印象だ。色とりどりのすだれには蝶の柄があしらわれ、ロッカーには桜をバックに立つ花魁の姿が描かれている。「戦国」「忍者」「花魁」の部屋はすべて床が畳になっているのが特徴なのだが、ここの畳にだけ、縁に鮮やかな柄が描かれているという特徴も。

 そして最後に訪れたのが「アニメ」がコンセプトの部屋。アニメキャラクターをあしらった自動車が「痛車」と呼ばれることから、そのカプセルホテル版ということで「痛カプ」と呼ばれている。

 こちらの部屋は他の「クールジャパンルーム」に先駆けて2015年4月に展開されたもの。しかしながらその人気は根強く、予約の時点では「忍者」の部屋が外国人にもっとも人気だが、実際にすべての部屋を見た後では多くの人がこの「痛カプ」を選ぶという。

 その理由は部屋に入ってみると分かる。部屋に入ると、まずはミラーボールのカラフルな照明に迎えられる。色とりどりの明かりが壁面や床に映り、これまでの部屋とは違った派手さがある。

 個室のシーツにはかわいらしいアニメ風の女の子が描かれており、その傍らには、これまた女の子が描かれた抱き枕が置かれている。シーツの柄や抱き枕は個室によって異なるので、空きがある場合は好きな女の子が描かれた部屋を選べるとのこと。

 ロッカーや壁面にはアニメ風の女の子のイラストが……。描かれているのは、カプセルホテルに隣接する「アニソンカフェ すた〜ず@City」のオリジナルキャラクター。アニソンカフェとは、アニメソングや声優ソングなど、アニメ・サブカル系の曲に限定したカラオケカフェのこと。こちらもニューシティーを運営している株式会社シティコミュニケーションズが展開している。コスプレしたスタッフもいることから、外国人に人気だという。

 実はこのアニソンカフェの存在が、変わり種カプセルホテル展開のきっかけになったという。

「15年にアニソンカフェのキャラクターとコラボすることになり、この『アニメ』をコンセプトにした『痛カプ』をオープンしました。痛カプのオープンから1年ちょっとたちますが、外国人観光客の数は1%だったところから10%にまでアップしました。そんな折に、外国人観光客にカプセルホテルが人気ということを報道などでも知りまして、さらに多くの外国人の方に利用してもらいたいと思い、今年になって『戦国』『忍者』『花魁』の部屋をオープンさせることになりました」(藤井さん)

 初めに戦国の部屋を作ってから、スタッフの間で試行錯誤を重ね、外国人の喜ぶ世界観を作り上げてきたという。「忍者」の部屋をあえて派手にしたのも、外国の方がイメージする「NINJA」に近づけた方が、より喜んでもらえると考えたためだ。そうした工夫が奏功したようだ。

 外国人観光客を集めたい施設や商店などにとって、一風変わったカプセルホテルの“戦略”は参考になるかもしれない。(文・横田 泉)