招猫殿横にある奉納された招福猫児

写真拡大

 物価も相対的に安く、治安もよいとあって、このところ世界中から日本への観光客が増えているようだ。Youtubeなどの動画サイトでも、さまざまな国の言葉で日本の観光地を紹介する映像がちょっとした人気になっている。なかでも日本の神社仏閣の動画はかなり好まれているらしい。京都の伏見稲荷や山口県の元乃隅稲荷神社、広島の厳島神社など日本独特の赤い鳥居の映像は日本人から見ても美しいと思う。鳥居のほかにも実は意外なモノがあるお寺が人気を集めている。これを見たくて来日したという外国人もいるくらいなのだ。それはなにかと言えば東京・世田谷にある豪徳寺の招き猫群である。

●ゆるキャラ「ひこにゃん」ゆかりのお寺は世田谷に

 豪徳寺は、招き猫発祥の地と言われて(これ以外にもいくつか発祥の地説がある)いる。そして、彦根城のキャラクターがネコの「ひこにゃん」となった理由がここにある。どういうことなのか順を追って説明しよう。

 豪徳寺は、世田谷にある曹洞宗のお寺で、正式名称を「大谿山豪徳寺」と言う。創建は1480年で、ちょうど応仁の乱が終わり、群雄割拠の戦国時代に突入する少し前にあたる。関東の名門吉良氏の保護を受け栄えた寺も、1590年の豊臣秀吉による小田原征伐のあおりを受け、その後は荒廃の一途をたどった。

 しかし、江戸時代になり徳川家康の腹心だった井伊直孝がこの地に立ち寄った際、一匹の猫に導かれて豪徳寺に入ったところ難を逃れ、和尚さまと縁を結ぶことができた、ということから状況は一変する。この「難」というのが「急な雨」だったとか「雷による倒木」だったなど諸説あるようだが、いずれにせよこの後、井伊直孝は豪徳寺を井伊家の菩提(ぼだい)寺と定め、多くの寄進をするようになった。
この話に出てくる猫にちなんで、境内に招猫観音を祭った招猫殿を作り、招き猫(豪徳寺では招福猫児と書き「まねぎねこ」と読む)が奉納されたため、豪徳寺と言えば招き猫のお寺として知られるようになった。

 ところで、この井伊直孝は2代目の彦根藩藩主、そしてこのネコにちなんで彦根城のキャラクターが「ひこにゃん」になったというわけである。
 
 招き猫は、今では世界的に知られたラッキーアイテムで、右手をあげたものは金運を、左手をあげたものは客を招くと言われている。加えて最近では色によっても魔よけや病気封じ、長寿などさまざまな福招きが仕分けされているようだ。
豪徳寺のものは左手をあげ、小判も持たないシンプルな1種のみ(サイズはいろいろある)。これは、豪徳寺が武士に帰依されていたことから潔さを好み、「運を引き寄せるのみ」という考え方をずっと引き継いでいるからにほかならない。

●豪徳寺と松陰神社の御利益と因縁 

 この猫の御利益なのか、井伊家は江戸幕府が崩壊するまでずっと要職を務めることになる。有名な「桜田門外の変」で暗殺された大老・井伊直弼は、彦根藩の15代藩主で、教科書などに載っている井伊直弼の肖像画は、豪徳寺所蔵のものである。

 さて、井伊直弼が暗殺されるきっかけといえば、「安政の大獄」である。江戸末期の混乱の中で、直弼は多くの弾圧を行ったが、中でもこの時は、吉田松陰や橋本左内ら8名を死刑にしたほか、多くの獄死者を出し100人以上を処罰した。
吉田松陰は、明治維新の推進力となった多くの塾生を育てた人物である。居を構えていた萩から江戸に移送され、結局、伝馬町の牢屋敷で斬首されるのだが、他の刑死者とともに小塚原の回向院(現在の東京都荒川区南千住)へ埋葬された。

 盗賊などと同様に扱われたことに我慢ができなかった高杉晋作、伊藤博文ら教え子たちは、処刑から4年後、毛利家別邸にひそかに亡きがらを改葬した。それが今の松陰神社のはじまりとなる。松下村塾はじめ、吉田松陰関連の史跡の多くは長州藩だった現在の山口県萩市にある。だが、吉田松陰の正式なお墓はこの松陰神社にある。そして、そのわずか1キロほど離れた場所には因縁の井伊家菩提寺の豪徳寺があり、井伊直弼のお墓もここにあるのだ。これを奇縁と言わずしてなんと言おう。

 招き猫の豪徳寺は今では都内有数の金運祈願スポットとなっている。そして
松陰神社は、吉田松陰にちなんで勉強の神さまであり、「志」祈願神社でもある。つまり、「志を遂げて成功を収め、お金持ちになりたい人」にとっては、この2つの寺社を一緒に回ると御利益倍増というわけだ。

 歴史を知るものにとってはまことに興味深い組み合わせだが、井伊直弼と吉田松陰がこれを知ったらどんな顔をするだろう。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)