夏休みを利用してサマースクールを体験した姉妹、フミちゃんとマオちゃん   著者撮影

カメラマン須藤夕子です。
私と娘(4歳9ヶ月)が住んでいるマレーシア、クアラルンプール(KL)には、たくさんのインターナショナルスクールや、幼稚園、保育園があり、日本との違いや、サマースクールの参加の仕方などについて今回はお話したいと思います。

 
seila_娘のセイラ   著者撮影

私の娘も4歳3ヶ月になるまで日本に住んでいましたが、待機児童という事で1年以上保育園を待たされた経験があり、働く事も困難になりました。保育園に入れてからも様々な疑問点があり、幼児期の一番大切な時期にこれで良いのだろうか?悩んでばかりいないで、日本が駄目なら他の国はどうなんだろう?と思い、外を見よう!と子供にとってベストな場所を探す事にしました。

 

条件のそろった留学先、クアラルンプール


IMG_1532_ロングステイ、教育移住にも人気の都市クアラルンプール   著者撮影

留学先の条件として、

・英語圏である事

・日本からの距離、近さ(羽田〜KLフライト時間 6時間半)

・LCCを利用することで飛行機代が安い(羽田〜KL1万円前後)

・治安が良い事

・日本食も食べられて日系のスーパーがある事(KLにはイオン、伊勢丹あり)

・病院なども日本語が通じる場所もある安心な場所


をポイントに探していたわけですが、物価も安く、広いマンションに住めるクアラルンプールに最終的に決めました。

 

現地での保育園探し



保育園探しは、拍子抜けするくらい意外と簡単で、現地の日本人向けのフリーペーパーはいくつもあり、ネットにも沢山の情報が書いてありますので、学校の情報はすぐに得られました。保育園の窓口へママと子供のパスポートを持参すれば即日入る事が出来たので、本当に驚きました。
(※インターナショナルスクールや幼稚園は母子共に語学力が必要)

primrose外観_Primerose Hill(プリムローズ・ヒル)  著者撮影

ツインタワーのすぐ横にアベニューKというショッピングモールがあり、その中にある保育園「Primerose Hill(プリムローズ・ヒル)」は、英国にて20年以上歴史がある学校の海外初拠点の学校です。

 

短期間からOK!日本からサマースクールに参加


Primerose Hillでは、毎年夏休みの期間「サマースクール」で生徒を受け入れいます。この夏は、日本から友達のお子さん2人が3日間のプチ留学体験でやってくる事になりました。

fumi_
フミちゃん(10歳)   著者撮影 

mao_
マオちゃん(8歳)   著者撮影 

mamamaofumitate
横須賀在住お母さんとフミちゃんマオちゃん   著者撮影 

フミちゃんは中学受験をするために、毎日、塾通いが忙しい日々を送っていましたが、お母さんは、クーラーの効いた部屋で、ただひたすら勉強をさせるよりも、海外に行った事のない二人に、「海外を経験をさせてみたい!」、そして「なぜ英語が必要なのか?英語を勉強する意味を外国で、肌で感じてもらえたら!」という思いで、母娘三人でクアラルンプールにやってきました。

 

いざ、サマースクールに申込み!



カウンターで参加の申込書を記入するところからスタート。3枚程の用紙に、連絡先や、アレルギーや、子供の健康状態を詳しく記入。全て英語なので、辞書を引きながらお母さんが記入されていました。(事前に学校から送ってもらう事も可能) パスポートを見せて、支払いはカードでもキャッシュでもOK。すぐに入る事が出来ます。

サマースクールに限らず、通常の保育園も、同じように0歳から11歳までのお子さんなら、いつでも入園可能です。

 
通常1ヶ月単位の支払いが基本ですが、1日150リンギット(約3,750円)でなんと1日だけの入学も可能との事。

1ヶ月での支払いの方がお得で、1,500リンギット〜(約37,500円〜)。住んでいる場所によっては、送迎もつきます。

 

サマースクールのカリキュラムは?


夏休み中のカリキュラムは、ほとんど勉強する事はなく、ダンスやゲーム、外遊びを通じて英語を学ばせるスタイルで、日本の学校のような席はありません。英語が全くできない二人にとっては、緊張する事もなく、すぐに友達も出来、日常会話を覚えられて良かったのではないでしょうか?

_MG_0002_手作りフラッグなど毎月変わる教室内の装飾   著者撮影 

登校時間は、だいたい8時くらいか9時半くらいの間にパラパラと集まって来る感じです。朝は、軽い朝食(スナックタイムがあり、パンやワッフルやフルーツが出ます)が出て、ランチもあり、午後3時くらいにまたスナックタイムがあります。

teacher1_Roham先生   著者撮影 

先生達はダンスが得意で、毎日、ダンスレッスンをみんなに教えています。(セレクト曲もテイラー・スウィフトのshake it offなど)

teacher2_Violy先生  Asya先生  Natash先生  Grace先生   著者撮影 

全てが英語の世界、先生達は、二人にゆっくり話してくれます、日本人の生徒も多いので、少し日本語が話せる先生もいます。

英語の映画を見て、内容や感想を話し合ったり、ヨガをやったり、屋上があるので、外でボール遊びをしたそうです。

IMG_0006a_著者撮影 

フミちゃんとマオちゃん、友達を作るために日本から沢山折り紙を持って来て、みんなに作ってあげたそうです。

origami_折り紙が繋ぐ友情   著者撮影 

帰宅後に、「これ、あげる」とか「一緒に作ろう」などと簡単な言葉が言えなくて、悔しかった様子で、お母さんに「なんて言うの?」と聞いていました。

英語は、人から人へ伝えて、聞いてを繰り返さなければ、絶対に覚えられません。机の上で何回も書いたとしても、それは実際には使える英語ではなく、記号の意味を知っているに過ぎませんね。

 
マレーシアの子ばかりでなく、イギリスや中国、韓国、アラブ系など、たくさんの国の子供達が一緒に勉強しています。日本人以外の友達が出来、今後は手紙をやり取りしたり、skypeやラインで話したりする友達が出来ただけでも、かなりの収穫だったのではないでしょうか?

 
いつもの海外旅行や国内旅行のスタイルを変えて、お子さんと英語を学ぶプチ留学、次のバケーションは、マレーシアはいかがでしょうか?

 
Primerose Hill(プリムローズ・ヒル)
http://primrosehillnursery.com/
・住所 : AvenueK (KLCC), Level 2&3, 156 Jalan Ampang, Kuala Lumpur
・時間 : 7:00~19:00(月-金) / 10:00~18:00(土日)
※登園時間は両親の希望による
・対象年齢 : 0歳〜11歳
・料金 : 1ヶ月料金 
-週5回5時間コース 1,500リンギット(約37,500円)
-週5回10時間コース 2,250リンギット(約56,250円)
-1日から利用可能(1日 150リンギット 約3,750円)
※送迎あり

希望者によって、バレエやピアノやテコンドー水泳などのクラスがあり、各習い事は1ヶ月200リンギット(約5,000円程)。
専門の先生に習う事が可能で、水泳は水泳教室が開かれるプールまで先生達が送り迎えをしてくれます。
フルタイム10時間で預けている子供は、学校でシャワーも先生が浴びさせてくれ、夕方ご飯も出ますので、働くママにとっては、助かりますね!

 
(text & photo : 須藤夕子)

 
笑顔泥棒の母子留学日記
その他の記事を読む> (http://tripping.jp/author/93)