異例のメダルラッシュで日本中の注目を集めたリオ五輪が、ついに閉幕しました。数々の名シーンを産んだ今回のオリンピックでしたが、特に注目されたのが女子レスリング吉田沙保里選手が4連覇を逃して「謝罪」した場面。しかし、メルマガ『上杉隆の「ニッポンの問題点」』で上杉さんは「試合直後に謝っている選手は日本人選手を除くと皆無」とバッサリ。敗戦後に日本選手が謝罪をするようになった原因として「ある事件」を紹介し、その悪しき習慣を批判しています。

なぜ日本人五輪選手は謝罪するのか?

リオ五輪でレスリングの吉田沙保里選手が4連覇を逃した。それでも銀メダルだ。

4回、つまり16年間にわたる五輪出場で連続でのメダル獲得。立派という言葉が軽すぎるくらい立派でないか。

しかし、吉田選手は涙ながらに謝罪した。

「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです」

「日本選手の主将として、金メダル、取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」

「自分のやっぱり気持ちが、最後は勝てるだろうと思ってたんですけど、取り返しのつかないことになってしまって…」

「もうこんなにたくさんの方に遠いところまで来ていただいたので、日の丸の旗や声援がものすごく聞こえてきたんですけど、最後、自分の力が出し切れなくて申し訳ないです」

日本人には見慣れた光景だ。だが、果たして、いったい誰に対して吉田選手は謝っているのか?

金メダルを逃して、誰よりも悔しい思いをしているのは他ならぬ吉田選手本人だろう。だから、直後のインタビューが「悔しい」とかならば理解できる。あるいは、対戦相手に敬意を表して、グッドルーサーぶりをみせるのもわかる。

だが、「ごめんなさい」とはどういうことか?

実際に、今回のリオ五輪で、海外の選手ら(英語圏)が敗北した際のインタビューを、片っ端からYouTube動画などで探した。私が観た限りでは、試合直後に謝っている選手は皆無だった(日本人選手を除く)。それら大半は、対戦相手に祝辞を贈り、自らの敗因について分析しているものばかりだ。

かつて、競泳の千葉すず選手がアトランタ五輪で期待した成果をあげられず、出場した個人2種目でメダルを逃したことがあった。団体のメドレーリレーも4位だった。競技後、インタビューに答えた千葉選手はこう語った。

「オリンピックは楽しむつもりで出た」

「そんなにメダルメダルというのならば、ご自分で出ればいいじゃないですか」

「日本の人はメダル狂いですね」

言いたいことを言ってのける、若いアスリートらしい、気持ちのよい発言ではないか。むしろ清々しい。敗れてもなおテレビを通じて堂々と語る千葉選手をみて、私はむしろ頼もしさと喜びを感じたものだった。

ところが、日本社会はこの千葉選手の明るさと朗らかさを受け容れなかった。

「オリンピックをバカにしている」「わがままだ」などというバッシングが、千葉選手に向けられたのだ。いまで言う「炎上」というやつである。

千葉選手への攻撃はメディアのそれだけに留まらなかった。次のシドニー五輪の代表選考会に五輪標準記録を突破して優勝したにもかかわらず、代表に選ばれなかったのだ。生意気な千葉は五輪に連れて行かない、という連盟幹部の匿名のコメントも紹介される。こうなると、もはやメディアと日本水泳連盟を共犯とする社会的リンチの様相を呈した。

千葉選手は、当然にこのアンフェアな決定を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。だが、訴えは認められず、シドニー五輪には出場できず、そのまま引退を余儀なくされた。

この「千葉事件」はその後のアスリートたちに悪影響を与えた。競技に向かう選手たちは、試合よりも所属連盟の幹部たちに気を遣うようになったのだ。

これ以降、日本人選手たちが、五輪などの国際大会で心から楽しみ、自由な発言をすることがめっきり減った。

五輪での日本人選手の謝罪文化はこうやって確立されていったのではないか。

4年に1回のオリンピック。観る方にとってみれば4年に1回のお祭り程度の認識だが、選手にとってみれば長く苦しい4年間の集大成なのだ。せめて、ハレの舞台である五輪くらいは、楽しませてあげてもいいのではないか。謝罪など考えずに…。

どうせならば、各競技連盟には、試合後のインタビューでの謝罪は禁止するくらいの心意気をみせてほしいものだ。

image by: Shutterstock

 

『上杉隆の「ニッポンの問題点」』

「リテラシー」(情報を読み解く力)こそ、今最も必要なスキル。情報操作だらけの大手メディア報道では絶対伝えない情報を届ける『上杉隆の「ニッポンの問題点」』はリテラシー向上にピッタリのメルマガ。

≪無料サンプルはこちら≫

出典元:まぐまぐニュース!