東京藝大の学祭に出展するかき氷店「雪ヶ嶋」のクオリティが高過ぎる!担当者に詳しく話を聞いてみた

写真拡大

東京藝術大学の文化祭「藝祭」は学生が作ったとは思えない神輿が披露されるなど定評があり、以前IRORIOに掲載した際も大きな反響があった。

神輿がスゴイのは今に始まったことではないが、今年は発売前から注目を集めるかき氷店がある。デザイン学科の1年生が主催して作るかき氷店「雪ヶ嶋」だ。

IRORIO編集部はメニューについての製作秘話などを広報担当者の山科ティナ氏に詳しく聞いてみた。

9月に楽しめるメニューを

Q1:模擬店は学科内でどのように決定しているのですか?

去年はタピオカドリンク、一昨年にはかき氷など、9月の残暑には涼めるメニューが人気というのを参考に、デザイン学科45人にアンケートをとり、皆の解答をもとに決定しました。

image-24-08-16-03-04
Q2:今回のメニュー会議で面白かったことなどがあれば教えて下さい。

藝大の伝統では、毎年美術校や音楽校の各科の一年生がタッグを組み、神輿制作・法被制作・模擬店の3隊に分かれて同時進行で藝祭の準備を進めているのですが、我がデザイン×作曲科の神輿が「桃太郎」をテーマにしていたので、模擬店のかき氷のメニュー決めでも「鬼ヶ島氷り作っちゃう?きびだんご入れる??入れちゃう???」などとユニークな案が飛び交いました。

しかし、最終的に破天荒な案は削ぎ落とされ、美味しくなりそうな「桃(太郎)かき氷」のみが正式メニューとして生き残りました(笑)。

CpPX0gGUAAEz-Sy

人気メニューを提供!

Q3:メニューの発案はどのように行ったのでしょうか?過去にデザイン学科の先輩が作ったすごいメニューなどがあれば教えて下さい。

神輿の「桃太郎」と絡める他、売上を上げるために、定番の人気メニューや藝祭で代々バカ売れしたという伝説メニューをリサーチしました。

また「酒氷り」と言われる藝祭ならではのカルーアミルクのかき氷も例年ヒットしているので今年も販売します。

今回作成したメニューはそういったデータを参考にして作ったものです。

CpAV0gaVMAAILvs

撮影方法にもこだわりが!

Q5:撮影のこだわりについて教えてください。

Twitterの写真を見て「美味しそう、この店行こうかな」と思ってもらえるように、具材の鮮やかさや作りたての氷のふわふわ感をできるだけ残そうと考えました。

かき氷を作ってからは溶けてしまう前に、急いでアトリエのベランダに設置した即席スタジオで撮ってと…かなりバタバタしていたんですよ。

実は「美味しそう」に見えること以外に、もう一つこだわっているいることがあって、それは「夏感」を出すことです。

そのためには自然光で撮り、スマホのライトも利用し、さらに太陽光が射し込んでいるような加工もしています。

青空を背景にした写真があるんですけど、あれはもともと予定していた物ではなくて、たまたま空が真っ青で綺麗だったのを「これいい写真になりそう!」「絶対なるよね!」なんて言ってみんなで青空の下で陽射しに負けずと撮った物なんです。

Q6:当日、値段はいくらで何食くらい販売する予定ですか?

ワンコインでお釣りの出る480円均一とさせていただきました。

4つのメニュー(カルーアミルク・桃・マンゴー・宇治抹茶)は全部風味となっておりますので、友達と来られる方は全種類少しずつお試し頂くのが一番楽しめるのではないかと思います。

一種類につき600食、全部で2400食程度販売する予定です。

CpT9-P7UIAA9pDJ

また、かき氷以外にも、手を動かすのが大好きな藝大生ならではの、ハンドメイド一点物のオリジナルグッズも販売しております。

シーグラスや貝殻のりぼんチョーカー・ピアス・イヤリング・ブローチ、手描きトートバッグ、オリジナルイラスト入り扇子、骨ブローチ、デザイン科全員が着ているオリジナル法被、などなどを販売予定なので、ぜひかき氷と一緒にお手に取りください。

スクリーンショット 2016-08-24 2.16.59 (1)

今年の東京藝術大学の藝祭は9月2(金)〜9月4(日)となっている。当日が楽しみだ。

雪ヶ嶋【藝祭デザ科1年店舗/かき氷】 

東京藝術大学