25日、福原愛が日本卓球協会に結婚を阻まれているとする報道について、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は福原愛。

写真拡大

2016年8月25日、中国メディアの環球網は日本メディアの報道を引用し、卓球の福原愛が日本卓球協会に結婚を阻まれているとする記事を掲載した。

福原愛は台湾の卓球代表・江宏傑(ワン・ホンジエ)と交際していることが知られているが、記事によると、日本卓球協会が2人の結婚を無情にも阻止しようとしているという。日本卓球協会の幹部は、協会は4年後の東京五輪でも彼女に大きな期待をかけており、競技に集中してもらいたいと語っている。江宏傑は福原愛より卓球のレベルが格下であるため、格差婚になってしまうと指摘する声もあるという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまさコメントが寄せられた。

「スポーツ選手は結婚まで管理させられるのか?」
「結婚まで管理するなんてそれでも民主国家か!」

「管理する範囲が広すぎだろ」
「結婚まで干渉されるなんて、日本のスポーツ選手はかわいそうだな」

「こんなことまで管理するのか。福原愛はずいぶん長く卓球をやって来たんだ。もう引退させてあげなよ」
「この状況は台湾と日本の関係をよく象徴していると思う」

「馬龍(マー・ロン)か張継科(ジャン・ジークー)に嫁ぎなよ」
「愛ちゃんは卓球界のトップレベル選手だ。ということは中国人に嫁げばいいのでは?」

「福原愛はもうこれ以上強くなることは望めない。4年後は身体面でも衰えてくるから好成績は無理だ。だったら結婚して引退した方がいいよ」(翻訳・編集/山中)