目指せ将来のオリンピック選手!子どもに人気の「運動系の習い事」1位は

写真拡大

リオ五輪も無事終わりました。今回のオリンピックでは日本人選手の大活躍が目立ちましたね!

そんな日本人選手の健闘を見ながら、「うちの子にもスポーツを習わせたいわ!」と思ったお母さんも多いのではないでしょうか?

では、世の子どもたちは、いったいどんなスポーツの習い事をしているのでしょうか? 今回は、コズレが全国の親628人を対象に実施した「オリンピックと習い事に関するアンケート」の結果をご紹介しましょう!

 

■子どもの“運動系の習い事”1位は水泳!

まず、「将来、お子さんにスポーツ選手になって欲しいですか?」と尋ねると、「はい」と答えたのは37%。「いいえ」が63%でした。

スポーツが得意な子どもなら、「できればプロのスポーツ選手になって欲しい」と願う親も多いかもしれませんが、イチローやデビッド・ベッカム級のスターになる人は世界中でもほんの少数。

「だったら、スポーツは趣味でやって、堅実な仕事を選んで欲しい」と願う親も多いかもしれませんね。

次に、「今、お子さんは運動系の習い事をしていますか?」と尋ねると、「はい」と答えた人はなんとたったの11%! 「どんな運動系の習い事をしていますか?」と尋ねると、

1位・・・水泳(61%)

2位・・・体操(23%)

3位・・・サッカー(14%)

という結果となりました。

確かに、“泳げるか泳げないか”は海や川で命に関わる大切なスキル。小・中学校では水泳の授業が必須ですが、「夏期だけではうまくならなかった」という場合、スイミングスクールでプロの水泳教師に習うのはいいことですね。

また、「現在、運動系の習い事に月にどのくらいの金額がかかっていますか?」と質問したところ、5,001円〜10,000円」の方が39%、続いて「3,001円〜5,000円」の方が約27%という結果になりました。

子どもが何人かいる場合、1人5千〜1万円かけるとかなり家計に響く場合もあるかもしれませんね。

 

■子どもにスポーツを習わせる利点とは?

さて、調査結果を見ていると、「習い事なんてしなくても、中学校からの部活で十分」と思っている親も多いことが伺えます。スポーツはとかくお金がかかるし、とそれも一理ありますが、それよりもっと早く始めたほうがいい理由もあるのです。

過去記事「それじゃ逆効果!“子どもの学力をグングン伸ばす”意外な方法4つ」でお伝えしたとおり、カナダで行われた研究によると、ルールをきちんと守らなければ勝てないチームスポーツに参加している子どもは、していない子どもよりしつけが行き届いている場合が多いそうです。

また、スウェーデンで行われた研究によると、週2時間のスポーツをするだけで、言語と数学の学習能力がアップしたという結果が出たそうです!

また、ストレス解消のために運動することは大事。「たった30分で!ストレスを“あっという間に解消する”カンタンな秘訣5つ」でお伝えしたとおり、運動することで新鮮な空気がたくさん体に入り血液の循環がよくなり、脳内で幸せホルモンも分泌されます。

子どもの好きなスポーツを、負担にならない程度に続けることで、学習能力が上がったり、気分が改善したり、体が強くなったりといいことはたくさんありそうです!

 

以上、子どものスポーツの習い事に関する調査結果と、スポーツをする利点をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

学校だけでも忙しい子どもたちですが、運動系の習い事をすることで自信がついたり、友達が増えたりする利点もありそうですよね!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 続かなかった…!ママ達に聞いた「習わせなければ良かった」子どもの習い事

※ もっとアレしてあげれば良かった!50〜60代先輩ママの子育ての後悔1位は

※ 言うこと聞かないのは親のせい!? 子どもを叱るとき注意したい3つのこと

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 2位妻が愛してくれない…より深刻!夫が「妻に女を感じなくなった」ワケ

 

【参考】

※ オリンピックと習い事に関するアンケート - コズレ

 

【画像】

※ seyomedo / Shutterstock