新潟のローカルおやつ「ゆか里」が名前を変えて装いも新たに!

写真拡大

きらきら星のような形とスイートなパステルカラーが愛らしい!

「hickory03travelers(ヒッコリー スリー トラベラーズ)」が手がける「浮き星」は、もち米のあられ粒に砂糖蜜をかけた、一見こんぺいとうのような外観の米菓子。あられの素朴な食感とほんのりとした甘さが、楽しく懐かしい味わいだ。

[関連記事]富士山?おむすび?海外で大ウケのこの商品の正体は…

いつものデザートが、一気に華やかになります

製造するのはは明治33年創業の新潟・明治屋。「浮き星」は、かつて新潟市民からは「ゆか里(ゆかり)」という名で愛された親しまれたローカルおやつ。しかし今では、同市内で作っているのはこちらだけ。

生産が縮小傾向にある中、今回、hickory03travelersによって商品名やパッケージを一新し、「浮き星」として新たに展開されることになった。

103206046

フレーバーは柚子、ミント、いちご、抹茶、コーヒー、ジンジャーなど7種類。

103204811_o1

103204157_o1

もちろんそのままつまんでもいいし、大さじ1、2杯ほどを湯のみ茶碗に入れ、お湯を注いでいただくのもおすすめ。かわいいルックスを生かしてアイスクリームやヨーグルト、ドリンク類のトッピングにも使える。

arare1

arare4

hickory03travelers ほか、全国のインテリア雑貨店など発売中。

「浮き星」>> http://ukihoshi.dino.vc

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
富士山?おむすび?海外で大ウケのこの商品の正体は…

目からウロコの新提案、常温で溶けない「かき氷」

スルリと食べやすい!しかも美味!夏バテにオススメの食べ物4選