犬はなぜごはんを隠そうとするのか?

皆さんの愛犬はごはんやおやつをあげたときに、それを隠すような行動を取りますか?
取ったりしないのになんで隠そうとするのかな?と疑問に感じますが、その行動にはきちんと理由がありました。

ほとんどの動物がする「ごはんを隠す」行動

ハムスターを飼ったことのある方はわかると思いますが、ハムスターはごはんを小屋に持っていき蓄える行動をとります。
ハムスター以外にも、リス、キツネ、猫、鳥など同じ行動を取りますが、それは他の多くの動物たちから餌を守るためという単純明快な理由があります。
隠さなければ他の動物に取られてしまうので、そうするしかなかったのです。

犬がごはんを隠す理由

動物たちがごはんを隠す理由は、他の動物に取られたくないからと説明しましたが、これは犬にも当てはまります。
家庭で飼われている犬でごはんを隠す行動を取る多くの犬は、多頭飼いで一緒のタイミングでごはんを食べている犬に多く見られます。

犬は昔群れで行動していましたが、その群れのリーダーには絶対服従をしていました。
リーダーにごはんを取られても反発はしませんが、同じ立場の犬から取られることはとても嫌がります。
多頭飼いをしている場合は、同じ立場として生活する他の犬からごはんを取られないようにするため、隠す行動を取っているのです。

では、多頭飼いではない犬がごはんを隠すのはなぜでしょう?

飼い主を同じ立場と思っている

先述した通り、犬は同じ立場の犬からごはんを取られることを嫌がります。
つまり、犬がごはんを隠すのは飼い主さんに取られると思っているからということになり、立場が同じものとして認識しているからなのです。

飼い主さんがごはんを食べているとこを犬には見せず、場合によっては犬との生活を分離している家庭での犬は、ごはんを隠す行動はしません。
ですが、犬と飼い主さんの生活があまりに近く同じであると、犬は飼い主さんと同じ立場であると考えてしまいます。

犬は家族同然として接する方が増えており、犬も生活しやすい環境になりました。
しかし、犬は家族でもありペットでもあります。
人は立場が上であることを必ず教えなくてはいけません。

ごはんを隠す行動はやめさせるには?

隠す行動をやめさせるときにしてはいけないことが、きつく叱ることです。
叱ることでさらに取られないようにするため隠す行動が悪化したり、叱ったときに取られまいと反撃したりすることがあります。
そもそも悪いことではないので、叱る行為自体はストレスを増やしているだけです。

しかし、時間が経ってごはんが腐ってしまったり、虫などが出たりする原因にもなるので、飼い主さん的にはやめさせたいと思いますよね。

ごはんは適量

犬がごはんを隠すときは、食べきれなかったものを隠すことがほとんどです。
なので食べきれるちょうど良い量のごはんをあげるようにし、だらだらと食べさせず、食べなくなったら取り上げてしまうことが大切です。

おもちゃで気をそらす

ごはんを持ってどこかへ行こうとしたときに、犬が好きなおもちゃで気を引いてみましょう。
そこで飼い主の元へ来て、隠そうとしたごはん取ったらたくさん褒めてあげてください。
そのことを学習することで、隠すものを持っていくと褒めてもらえると覚え、隠す行動をしなくなるはずです。

まとめ

愛犬が多頭飼いではないのにごはんを隠していたら、もう一度犬との関係性を見直さなくてはいけないですね。
家族といえども、やはり主従関係はしっかりしておかなければいけません。
私たちも自分の両親が自分のごはんを取るなんて考えないですしね…。

親との関係性と犬との関係性は似ているものがあるなぁ、とふと思いました。
これをきっかけに皆さんも愛犬との関係を今一度確認してみてはいかがでしょうか?