『嫌われる勇気』をはじめ、ビジネスマンの高い関心を集める「アドラー心理学」。この狷餡鬚奮慳筬瓩髻∋纏やコミュニケーションで具体的に生かす方法を伝授!

◎人間の悩みはすべて対人関係の悩み

 昨年から続く「アドラー心理学ブーム」が衰えを見せない。仕事や人生に悩みは付き物、と理解はしながらも、悩みを和らげるのに役立てたいと、アドラー心理学関連の本を手に取る人が多いそうだ。確かにアドラー心理学をイチから理解するのは難しい。そこで、読者から寄せられた様々な悩みを、アドラー心理学の専門家・岸見さんと、コミュニケーション講師・戸田さんにぶつけ、その解決策を指南してもらった。「人の悩みはすべて対人関係の悩み」と説くアドラー。そのココロとは?

哲学者 岸見一郎さん
哲学者
岸見一郎さん
1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科満期退学。京都聖カタリナ高校などで教鞭を執る。『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。

■73万部突破!
嫌われる勇気

コミュニケーション講師 戸田久実さん
コミュニケーション講師
戸田久実さん
立教大学卒業後、大手企業勤務を経て研修講師に。官公庁はじめ多くの団体・企業で講演を行なう。著書に『アドラー流 たった1分で伝わる言い方』(かんき出版)。

■たちまち重版!
アドラー流 たった1分で伝わる言い方

〈アドラーって何者?〉

アルフレート・アドラー「自己への執着を他者への関心に切り替えよ!」

アルフレート・アドラー(1870年〜1937年)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイト、カール・グスタフ・ユングと並ぶ心理学の3大巨頭のひとりと言われている。67年の生涯を通じ、研究、カウンセリング、講演・執筆活動を行なう。過去に受けた心的外傷(トラウマ)を否定し、「人は変われる」などと説いた教えは、世界的ベストセラー『人を動かす』(デール・カーネギー著)、『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)などの世界的ベストセラーに影響を与えたことでも知られている。

モチベーションの上げ方、上司や部下との関係《オフィス編》

パワハラ上司、出世する同期、デキない部下……職場でありがちな悩みの解決の糸口を探る!

Q. 仕事のやる気が起きません。(不動産関連・営業・38歳)

仕事のやる気が起きません。

A. 無気力の「原因」ではなく、無気力になった「目的」を考えよう

こういう時は、つい自分にダメ出しをしがち。そうではなく、アドラー流ではどうしたらいいかに軸足を置き、建設的に考えます。すると、自分を責めたり、他人のせいにしたりせず、現状打開のヒントが見つかります。(戸田さん)

仕事をしたくないという目的のために、無気力を装っていたり、不安や恐怖という感情を自ら作り出していたりしませんか? あなたの行動の原因を考えるのではなく、目的が何なのかを考え、自分がどうすべきか熟考しましょう。(岸見さん)

Q. がんばってるつもりなのにパワハラ上司から
「やる気ねえんじゃねえの!」と怒鳴られる。(広告代理店・営業・43歳)

がんばってるつもりなのにパワハラ上司から 「やる気ねえんじゃねえの!」と怒鳴られる

A. 相手の主観に流されず、意思の疎通を図りましょう

やる気がないように見えるのは上司の主観。その主観や言い方に振り回されないで、聞き流すのも選択肢のひとつ。「恐れ入りますが、なぜそのように思うのか教えていただけないでしょうか」と聞くのもアドラー流。(戸田さん)

Q. 部下を上手にホメることができません。(商社・営業・42歳)

A. 「よくやった」ではなく貢献に注目する言葉を

「よくやった」などと、ほめてはいけません。「がんばってくれたので助かったよ、ありがとう」というような、猊下の貢献瓩肪輒椶垢觚斥佞鬚け、部下が課題に取り組む勇気を持てるように援助しましょう。(岸見さん)

Q. 同期が先に出世し、肩身が狭い。(銀行・営業・40歳)

同期が先に出世し、肩身が狭い。

A. 劣等感は抱いて当たり前。努力と成長の糧にしよう

他人と比較して自分を責めたり、卑屈になったりするのはやめましょう。劣等感は誰にでもあります。自分が成長するための刺激であり、狎長の糧瓩箸發覆詢等感を、今後の行動力のバネにしてください。(岸見さん)

Q. 部下や後輩が何度も同じミスを繰り返す。(電機メーカー・企画・38歳)

部下や後輩が何度も同じミスを繰り返す。

A. ミスがなくなる方法を一緒に考えてみましょう

叱るのではなく、解決のための援助をし、ミスを改善する策をともに考えましょう。過度に関与しないで、「いつでも援助する」とのメッセージを送るだけでもいい。ですが、必要なことは教えましょう。(岸見さん)

「なぜこうなったのか」に執着してはダメ。原因を追究するのではなく、「どうしたらいいのか」を未来志向で話し合いましょう。すると相手も「自分はどうありたいか」という目的に向かって行動ができるようになります。(戸田さん)