プライベートの出費を経費で請求⇒●%の女性がやっていると判明!

写真拡大

会社の出張で地方へ行き、おみやげを買いました。実は自分の分も買ったのですが、こっそり会社へのおみやげの経費と一緒に請求しました。このような場合、金額は少なくても業務上横領罪になる可能性があります。そんな風にこっそりと会社の経費をプライベートで使ったことがある人はいるのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

Q. プライベートで使ったお金を、こっそり仕事の経費として会社に請求したことはありますか?

・Yes……1.65%

・No……98.3%

圧倒的に「ない」という人が多いですが、中には使ったことがあるという人も……。その理由を聞いてみましょう。

<Yes/会社の経費を個人で使った>

・「友達へのプレゼントを経費で落としたことがあります」(32歳/その他/その他)

私用品を仕事の経費として会社に請求したことがあるという意見です。何をどうのようにして請求したかは分かりませんが、何か会社で購入する品物の紛れ込ませたのでしょうか? バレなくてよかったですね。

<No/そんなことしたことない>

●バレたら大変!

・「不正行為はいずれバレるから、しない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「こっそりバレないようにと考える時間を、楽しいことを考える時間に費やしたいので、悪いことはしません」(31歳/その他/事務系専門職)

・「リスクの方が大きいと思うから、する気にならない」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「請求手続きが面倒だし、ばれたときも面倒そうだから」(27歳/金融・証券/営業職)

何もリスクを冒してまで危ない橋は渡らないという意見が大多数でした。会社の経費で私物を購入し、バレたらどうしようという怖い気持ちを抱えるくらいなら、自分のお金を使ったほうがスッキリしますね。

●できる立場にない

・「経費をほとんど使わない仕事なので、そういう機会がない」(26歳/情報・IT事務系/専門職)

・「自分が経理をしていてしっかりと行っていたので」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「制度上できないですし、不正行為で許されないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「会社のお金を使える手立てを知らない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

そもそも会社の経費を使うことがない、不正に使えないシステムになっているという意見です。ただ、中には「自転車通勤しているが、定期代をもらっていた」という声もありました。自転車のメンテナンスや駐車料金がかかっているなら、グレーゾーンという感じでしょうか。

■まとめ

営業職の場合は、クライアントと飲食を共にしたら接待費として請求できます。でも、実は仕事と関係なく社員だけでお酒を飲んでいたり、提出する請求書に手を加えて改ざんすると犯罪になる可能性もあります。今回答えてくれた働く女性のみなさんは、良識のある社会人でよかったですね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数119件(22歳〜35歳の働く女性)

(フォルサ/岩崎弘美)