大ヒット絵本『おやすみロジャー』監訳者に聞いた! 子どもの“脳と身体を育てる”ベストな睡眠法

写真拡大

読むだけで眠くなる“魔法のぐっすり絵本”として『おやすみ、ロジャー』が世界的大ヒットとなっていることは、子育て中ならご存知の方も多いのでは?

「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

この絵本はもともと、スウェーデンの行動科学者により自費出版されたもので、それが好評なので英語版も刊行したところ、あまりの効果に人気が爆発!

2015年には「英アマゾン史上初の、自費出版による総合ランキング1位」を獲得し、今後も合わせて世界47カ国で刊行予定の“心理学的効果が実証済の絵本”なのです。

この前代未聞の大ヒット絵本の日本語版を監訳されたのが、睡眠セラピストとして多数メディアでもご活躍中の三橋美穂さん。

今回は三橋さんに、子どもの成長に大きく影響を及ぼす睡眠の大切さ、また『おやすみ、ロジャー』の活用法や効果について、お話を伺いました。

1〜2歳の子どもは11〜14時間睡眠が適正

「世界的な調査によると、日本人の睡眠時間は大人も子どもも世界屈指の短さです。特に日本の女性は睡眠時間が世界で一番短いことで知られています。

子育て中のお母さんはとくに、仕事に、家事に、育児に……と毎日とてもお忙しいとは思いますが、お子さんの脳と身体の成長に大きな影響を与える睡眠にもっと意識を向けてほしいと思っています」

子どもと自分、1日にどれだけ睡眠時間をとるのがよいのでしょうか。

年齢別の適正な睡眠時間の目安は、以下の通りだそうです。(アメリカの睡眠学会によると、昼寝も含めて以下のように発表されています)

1〜2歳(11〜14時間)

3〜5歳(10〜13時間)

6〜12歳(9〜12時間)

13〜18歳(8〜10時間)

成人(7〜9時間)

いかがでしょうか? 子どもも自分も、この適正とされる睡眠時間を確保できていますか?

「昔から“寝る子は育つ”といいますが、これは身体の成長だけではなく、脳の成長にも言えることなんです。とくに小さなお子さんは、睡眠の初期、眠ったばかりの深い眠りの時期に身体の成長に不可欠な様々な成長ホルモンが分泌されます。

そして後半の眠りでは脳も成長するのです。前半の眠りが深ければ深いほど、成長ホルモンが沢山分泌されるので、後半におとずれる脳の成長にも良い、ということが言えます」

良質な深い睡眠がとれると、脳の成長も促せる。つまり、子どもの睡眠には量だけでなく質もすごく大切ということなのです」

子どもの睡眠の質を高めたいなら運動すべし!

では、良質な睡眠をとるために、私たち親はどんなことに気をつければよいのでしょうか。

「まずは、日中に沢山身体を動かして遊ばせることです。子どもが夜になかなか寝付けないのは、十分に疲れが溜まっていないことが一番の原因。

午前中に太陽の光を浴びてしっかり身体を動かして遊び、昼食後、早めの午後にお昼寝をしましょう。

日中に太陽光を浴びておくと、夜暗くなるとともにメラトニンとう睡眠ホルモンの分泌量が増えてぐっすり眠れるようになります」

保育園に通っている子どもの場合は2〜3時間もお昼寝をして帰ってくるので、夕方も元気いっぱいで夜もなかなか寝てくれない……なんていう声もよく耳にします。

昼寝のしすぎも夜にぐっすり眠れない原因でしょうか。

「そうですね、お昼寝を沢山しすぎるのも実は大きな問題ですが、保育園での生活リズムにお昼寝は組み込まれているので、そこは変えられないと思います。

そのかわりに、夕方帰宅してからは絶対に寝ないようにすること。また、帰宅後は室内照明で工夫をしてみてください。

夕刻からは夕陽のような暖色系の照明にして光の刺激を減らすと、メラトニンの分泌が高まり眠くなりやすいです(朝昼は青色系、夕方からは暖色系、と一日を通してLED照明などで調整できるとベスト)。

そして、寝かせつけにはぜひ『おやすみ、ロジャー』を活用してみてください」

『おやすみ、ロジャー』の効果的な活用方法は

どのように活用するのが効果的なのでしょうか?

「読み聞かせる時はお子さんと一緒に横になって、照明は文字が読める程度の明るさまでほの暗くするのがよいでしょう。

この絵本には、冒頭に“読み方の手引き”が書いてありますので、それを参考に、ゆっくりと物語に感情移入して読んでみてください。内容は全て心理学的テクニックに基づいているので、途中で子どもが寝入っても最後まで読むとより効果が高まります。

そして、読み終わったら最後に照明を真っ暗にしてあげると、メラトニンの分泌が高まり熟睡できるので、より良質な睡眠を得ることができます」

対象年齢はとくに設けられていないそうですが、アメリカのAmazonでは3〜7歳(言葉がわかる年齢からが特に効果がでやすい)とされています。

でも実際にはまだ言葉のわからない赤ちゃんや小さな子にも効果あったという声が沢山あるようです。この理由は何なのでしょうか?

「実は私も、編集の方とこの本の最後の読み合わせをした際は眠気に勝てず……。3回やり直しました(笑)。読むとわかるのですが、読み聞かせをしているはずのお母さんやお父さんも、だんだんとリラックスしてつい眠くなってしまうんです。

親が隣ですごくリラックスしている雰囲気は、まだ言葉がわからない赤ちゃんにも自然と伝わるので、これが要因ではと思っています」

本書の冒頭には、“車を運転している人のそばで絶対に音読しないこと”とあるほど。

子どもだけではなく、赤ちゃんから大人にまで効果が現れる、行動科学と心理学に基づいて作られた画期的な絵本『おやすみ、ロジャー』。

「あっという間に眠ってくれるようになって助かった!」「夜泣きがなくなり、熟睡するようになったから私も睡眠不足から解放された!」など、歓びの声が沢山届いています。

こどもは寝るのが仕事だからこそ、魔法のぐっすり絵本を活用しつつ、今しかない成長期に、睡眠の質と量をしっかり確保してあげたいですね。