子どもの5割は“高学歴・高所得”タイプに育てられている!? 親の実態が浮き彫りに

写真拡大

“日本人の子育ての方法が、子どもにどのような影響を与えるか”。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

子ども時代の親との関係をたずねた調査で、子育ての方法について6つのタイプに分類されました。

そのタイプというのは、<支援型><厳格型><迎合型><平均型><放任型><虐待型>です。

まず、あなたのタイプを見てみましょう。

素足の子どもが一人で靴を履けず泣いている…あなたならどうする?

・どうしてうまく履けないのかまずは子どもに聞いてみる。その後「靴下をはいていないからすべらないんだね」と原因を言って、靴下を履くように伝えるか、困難な部分だけ手伝う。時間がかかっても事情が許す限り待つ。…<支援型>

・「泣いてないで頑張りなさい!」「自分でできるでしょ!」と叱ったり励ましたりしながら、あくまでも自分で履かせる。うまく履けない原因を考慮したり、子どもの言い訳を聞いたりしない。時間は待つのではなく、いつまでにと区切ってやらせる。…<厳格型>

・すぐに飛んでいって履かせてやる。「あらあら、むずかしかった?」「ママが手伝ってあげるね」「大丈夫よ。泣かなくていいのよ」と慰めたりする。…<迎合型>

・「もうしょうがないわねえ」などと言いながら、履かせる。時間がある時は待ったりもするが、待ちきれずに履かせることも多い。…<平均型>

・泣いていても放っておくか、「遊びたいなら、自分で履きなさいよ」と言って、あとは履こうと諦めようと好きにさせる。一緒に出かける用事がある時は、仕方なく履かせる。…<放任型>

「なんでこんなことができないの!」と腹を立て子どもを叱る。一緒に出かける用事がある時は、怒りながら乱暴に履かせる。そうでなければ、泣いている子どもに腹を立て、靴を投げたり泣き止ませようと叩いたりする。…<虐待型>


著者が調査研究を元に、6タイプの親の対応を想定したものです。

前回記事『子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?』の読者に対して行ったリサーチの結果では、自らを<支援型>と答えた親が最も多く50%超となりました。
また、続いて約20%の親が<厳格型>と答えました。

ベターな育て方は? 親のタイプと子の能力の関係

先日メダルラッシュでの閉幕となったオリンピックの選手、そしてプロの音楽家などを見ていると、幼児期から親に厳しく育てられていたりしている印象がありますよね。厳格型の親こそが、子どもを成功に導いているような気がしてしませんか?

実は、ここには大きな落とし穴があります。

それは、厳格型には、持って生まれた身体的特徴や才能や性格といった遺伝的なものが大きく影響するということです。

厳しく鍛えれば誰でも成功すると言うわけではないのです。

上記6タイプの子育て方法について調査した研究の結果では、幼児期に父親や母親から適切なサポートを受けた<支援型>の子どもが“高学歴、高所得で、早死にすることも少ない”とされています。

ただ、 研究では、厳格型の子どもも、高学歴・高収入を得られるとしています。

これは、礼儀正しくルールを守るようにしつけられていれば、社会の中でそれ相応の扱いを受けるため当然と考えられます。上司から可愛がられ出世するということもあるでしょう。

反面、ルールや規律を守るということは、どうしても好奇心に乏しく、型にはまった考え方しかできなくなるとも言えます。

今の時代に求められる、自由でユニークな発想やアイデアなどは、厳格親に育てられた子どもは苦手でしょう。

組織の中で生きていくことはできても、自分自身の力で自由に生きていくことはなかなか難しいかもしれません。それが、支援型との大きな違いです。

支援型の子どもは、何事にも前向きになれ、チャレンジを恐れず人生を楽しめる確率が高い、ということなのです。

自ら<虐待型><放任型>であると答えた親たち…

アンケートでは、自ら虐待型・放任型と答えた親も約5%に登りました(虐待型3.53%・放任型2.35%)。

おそらくこのように答えた親の多くは、厳密には、平均型なのではないかと思います。

いい親になりたい、ならなければという気持ちはあるけれど、育児本に書いてあるような理想的な親像からは程遠い。子育ての自信がなくて自分はダメ親だと思っているのでしょう。

本当の虐待親なら、親としての自分を顧みることもなく、虐待していることにすら気づかないことも多いです。
よく言われるように、虐待の連鎖で、自分がそのように育てられてきたから、そうしているだけと言うケースも多いのです。

放任型の親は、年齢的に若く、まだまだ自分が楽しみたいという気持ちが強いのかもしれませんね。授かり婚で仕方なく子どもを産んだというケースもあるでしょう。

でも、どちらにしても、自分で虐待型や放任型だと自己申告できるような親なら、いくらでも変われます。

なぜ<支援型>の親が最も多かったのか

このアンケートでは支援型の親が多いという結果がでましたが、理由は明らかです。

このような子育て記事に注意を向ける親は、それだけで意識の高い親だと言えるからです。

時代によって、社会が求める人材も変わりますから、推奨される子育て方法も変わっていきます。 人として大切なことは変わりませんが、未来を見据える目も必要です。
支援型の親だけが本当にいい親とも限りません。

さて、これからの世の中、子どもの将来にとって本当にいい親とはどんな親なのでしょうか?

あなたはどんな親になりたいですか?