■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

シンガポール航空は、世界で初めて2007年10月に総2階建てのエアバスA380型機を受領し、日本路線にも2008年5月から成田〜シンガポール線、更に2011年7月からは成田〜ロサンゼルス線にも投入してきた。

しかし、2016年10月後半からは最新鋭のボーイング777-300型機に機材が変わることが決まり、日本路線でシンガポール航空のA380に乗れるのもあとわずかになってしまった。最終フライトは、2016年10月23日の成田20時50分発シンガポール深夜3時着 (24日)のSQ(シンガポール航空)9便となる(この日のみ便名が通常とは異なる)。

A380
2007年に世界で最初にエアバスA380を運航したのがシンガポール航空

A380型機の最大の魅力は、機体のスケールが他の飛行機と比べて圧倒的に大きいことに尽きるだろう。近年、ジャンボ(ボーイング747-400型機)が日本の空でほぼ見られなくなったこともあり、成田空港でA380を見ると特に目立つのだ。大きな飛行機は夢を与えてくれる存在であることはきっと変わらないだろう。

シンガポール航空のエアバスA380型機で世界に衝撃を与えたのがファーストクラスを超える「スイート」の存在であった。「空の上のプライベートルーム」として航空機で初めて完全独立型ベッドを採用し、扉を設置することで完全なプライベート空間を確保するだけでなく、真ん中席においては隣の席との仕切りを取ることでダブルベッドに変身させることができてしまうことは衝撃であった。まさに飛行機の概念を変える存在であったと言っても過言はないだろう。

シンガポール航空がきっかけで、その後にA380を導入したエミレーツ航空ではシャワールーム、大韓航空では機内免税店など広い機内空間を活かした設備の導入に影響を与えたことは間違いないだろう。

スイート1 スイート2

スイート3
ファーストクラスを超える空間として注目された「スイート」。2名利用で中央席を使えばダブルベッドにもなる。

またビジネスクラスも1-2-1という他社ではファーストクラスで採用している座席配列をビジネスクラスにも導入し、特にシートの横幅は広く、大人が二人座れてしまうほどの広さである。もちろんフルフラットシートで目的地までぐっすり眠ることができるのだ。エコノミークラスもヘッドレス付きでゆったりしていることで好評である。

ビジネスクラス1 ビジネスクラス2
ビジネスクラスでこの横幅の広さは圧巻。子供二人が座ってもまだ余裕がある。

ビジネスクラス3
フルフラットシートにもなる。

そんなシンガポール航空のA380が、8月14日に普段は飛ぶことのない中部国際空港(セントレア)に「A380特別便」として飛来、セントレアに駐機している時間を使って小学生を対象にした「夏休み特別航空イベント」を開催した。

普段、A380をセントレアで見られる機会は限られており、A380を外から、そして機内からみた小学生からは「この飛行機に住んでみたい」「この大きな飛行機で旅行にいきたい」などの声が聞かれた。この日は、シンガポール航空の客室乗務員の制服(男の子はパイロットの帽子)を着用するなど子供達にとって、飛行機が夢のある乗り物であることを感じた1日になった。

セントレア1 セントレア2

セントレア3 セントレア4
8月14日にセントレアにA380が飛来したことに合わせて小学生を対象とした「夏休み特別航空イベント」を開催。憧れのCAの制服を着用して機内アナウンスや機内サービスを体験。

現在のシンガポール航空のA380型機は、「スイート」12席、「ビジネスクラス」86席、「プレミアムエコノミークラス」36席、「エコノミークラス」245席の合計379席仕様(2階席が全席ビジネスクラスの場合の4クラス仕様時)となっている。2007年に初就航時と現在の違いは、今年に入ってから「プレミアムエコノミークラス」が設置されたことで3クラスから4クラスになったことだ。プレミアムエコノミークラスは、シートピッチ(シートの前後幅)が38インチ(97センチ)確保され、横幅も19.5インチ(49.5センチ)となっている。機内食もエコノミークラスよりグレードアップされており、メインコースは3種類から選べるほか、シャンパンや赤・白ワインも搭載されているのは嬉しい。「プレミアムエコノミー」は、ボーイング777-300型機にも設置されているので引き続き利用できることになる。

プレミアムエコノミー1 プレミアムエコノミー2
新たに設置されたプレミアムエコノミーは足元もゆったりで長距離フライトでもラクラク。ボーイング777-300型機でも利用できる。

エコノミークラス1 エコノミークラス2
エコノミークラスもフットレスト付きで評価が高い

A380の元祖、シンガポール航空のA380を日本路線で利用したい人は10月23日まで乗るしかない。以下の便で利用することができる。

■シンガポール航空 エアバスA380での運航便
(実際のご利用時にはホームページなどで運航機材の確認を)

●SQ11便 成田20:50発 シンガポール3:00着(深夜※翌日)(〜10月23日まで。この日はSQ9便として運航)

●SQ12便 シンガポール9:25発 成田17:30着(〜10月22日まで)

●SQ12便 成田19:15発 ロサンゼルス13:25着(〜10月22日まで)

●SQ11便 ロサンゼルス15:45発 成田19:15着(※翌日)(〜10月22日まで)
 
運賃は、エコノミークラスでシンガポール行きが4万4000円〜、ロサンゼルス行きが7万円〜、プレミアムエコノミーでシンガポール14万円〜、ロサンゼルス18万円〜、ビジネスクラスでシンガポール22万円〜、ロサンゼルス25万円〜、憧れのスイートはシンガポール74万円〜、ロサンゼルス82万円〜となっている(燃油サーチャージ・税金などは別途必要。運賃の適用条件あり)。

現在の運航スケジュールでは夕方以降しか成田空港にはやってこないが、シンガポール航空のA380を明るい時間に見るには、シンガポールから到着する17時30分着の便を狙うしかない。飛行機は早めに到着することもあるので16時半以降から成田空港の展望デッキや周辺の撮影スポット(風向きによって異なるので注意)で待つのがいいだろう。基本的にはA滑走路を使うことから、第1ターミナルの展望デッキからはかなりの確率で見られるのだ。

展望デッキ
8月14日、セントレアに飛来した際には展望デッキに多くの人が集まった。

客室乗務員
セントレアのイベントで子供たちを案内したシンガポール航空の日本人客室乗務員

成田空港ではかつて、エミレーツ航空、ルフトハンザドイツ航空、エールフランス航空、大韓航空もA380を飛ばしていたが、現在ではシンガポール航空とタイ国際航空の2社のみ。今後、10月30日以降はタイ国際航空のみとなる。シンガポール航空は、定期便としての運用は外れるが、繁忙期にA380を期間限定で投入する可能性が高く、年末年始も関西〜シンガポール線に投入される予定となっている。また、将来に目を向けると2019年にANAが羽田・成田〜ホノルル線にA380を投入する予定で、訪日旅行客(インバウンド)がさらに増えればA380を日本路線に再投入する海外の航空会社が出てくることも考えられるが、確実に乗れる今、スケールの大きな飛行機で海外へ出かけてみるのもいいだろう。

取材・文/鳥海高太朗

航空・旅行アナリスト、帝京大学航空宇宙工学科非常勤講師、ANA「What's up? ANA」社外編集者。文化放送「オトナカレッジ」金曜日(月2回)に出演中。

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!