いつも「同じこと」を考えてしまう人は要注意!!その「思考グセ」が脳疲労を招く!

写真拡大

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。次々と「脳の疲れ」から立ち直っていくメンバーの中にあって、ナツが気がかりだったのがトモミの存在だった。

なぜいつも「同じこと」を
考えてしまうのか?

「医療以外の場面でもマインドフルネス認知療法を取り入れる方法ってないんでしょうか?私が〈モーメント〉のみんなにも教えてあげられるような」

このとき、私の頭の中にはトモミの顔が浮かんでいた。トモミはスタッフの中では最も従順で、そつなく仕事をこなしているように見える。以前のカルロスのようなうっかりミスもないし、ダイアナのようにイライラをまき散らすこともない。瞑想スペースを設置したときにも、比較的早い段階で参加してくれた素直な性格の持ち主だ。

ただ、気がかりなことがないわけではなかった。マインドフルネスを実践するようになってから格段にミスが減ったカルロスや、明らかに表情に柔和さが出てきたダイアナと比べると、トモミには表立った改善が見られないのだ。淡々と仕事をこなしているのでつい見逃してしまいそうになるが、よく観察していると、仕事中でも彼女は思い詰めたような表情をしている。

月に1回のレイジー・デー制度を導入したあとも、彼女だけがまだ今月の有給休暇を取得していない。ひょっとしたら、いま最も休息を必要としているのはトモミなのかもしれなかった。

「〈モーメント〉でもできる方法……か。では、特別に伝授してしんぜよう!」

今日はやけにもったいぶっている。何かいいことでもあったのだろうか。「以前に教えたブリージング・スペースを覚えておるかの?念のためにおさらいしておくと、これは3ステップから成っておった」

(1)瞑想しながら、ストレスの原因をフレーズ化して、身体の変化を観察する

(2)呼吸に注意を向け、いまここを意識する

(3)意識を身体全体に広げる。緊張のある部分に呼吸を吹き込む

「うむ、ブリージング・スペースで、ストレスの原因を一文の形にしたのは、身体の緊張をほぐすためじゃったが、ここでは、ストレスの原因となっている考え方(認知)のクセを加工しやすくするのが目的じゃ」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)