辛さだけじゃない!七味唐辛子を持ち歩く「藤堂比奈子現象」ってナニ?

写真拡大

 女優の波瑠さんが、一風変わった刑事役を務めていることで話題になっているドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系)。その波瑠さん演じる藤堂比奈子は、何にでも七味唐辛子をかけて食べるという異常な習慣を持つ女性です。

 実は波瑠さん自身も、七味唐辛子をかけるのにハマっていると明かしており、七味唐辛子の缶を常に持ち歩きたい願望まで出てくる始末なんだとか。

 そんな七味唐辛子、料理にスパイシーな刺激をもたらしてくれるだけでなく、実はいろんな効果が得られるのをご存知でしたか?

 七味唐辛子には唐辛子のほか、山椒やゴマ、麻の実などをはじめとした7つの薬味が調合されています。漢方薬として使われることもあるこの七味唐辛子。一振りして食べるだけで、食中毒を予防したり、栄養効果も高まったりするんだとか。

 特に唐辛子の発汗作用やカプサイシンの新陳代謝アップ作用は、ダイエットにも良いことが知られています。さらに、風邪の治療や予防にもいいのだそう。

 サッと一振りするだけで、思わぬ健康効果が得られる七味唐辛子。外食の多いあなたは、もしかしたら七味唐辛子を持ち歩くだけで嬉しい変化が起きるかもしれませんよ。日本全国で、七味唐辛子を持ち歩く「藤堂比奈子現象」が巻き起こるかも?