写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は25日、「GT-R NISMO」2017年モデルを発売した。あわせて7月11日に発表した特別グレード「Track edition engineered by nismo」も販売開始した。

「GT-R NISMO」は、日産のモータースポーツを担うNISMOのファクトリーチューンを施したNISMOロードカーシリーズのフラッグシップモデル。

2017年モデルでは、エクステリアデザインにおいてNISMO専用のカーボンファイバー製フロントバンパーやカナード形状のデザイン、新デザインのグリル、剛性の向上によって変形を抑制したエンジンフードなどにより、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現している。

インテリアは、メーターからセンターコンソールまでドライバーを包み込むようにレイアウトすることで、ドライバーオリエンテッドな空間を演出。ナビディスプレイは7インチから8インチに拡大して大型のアイコンも採用し、ナビの機能を手もとで操作可能なマルチファンクションスイッチを搭載。パドルシフトはステアリングホイール固定タイプに変更した。NISMO専用装備として、ダッシュボードの上層部、ステアリングホイール、センターアームレストにはアルカンターラレザーを使用し、レザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートを採用している。

走行性能においては、路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力と、さまざまなドライビングシーンに応じた高レベルのコントロールを可能にするモード設定型電子制御式のショックアブソーバー「Bilstein DampTronic」を採用し、NISMO専用の特別なチューニングも施した。GT3選手権で使用する高流量・大口径のターボチャージャーを搭載するNISMO専用エンジンは、6速デュアルクラッチトランスミッションとともに熟練した匠が専用のクリーンルームで1台1台精巧に組み立てている。

同時に発売された「Track edition engineered by nismo」は、スタンダードモデルのスペックやフォルムはほぼそのままに、「GT-R NISMO」のボディ剛性と足回りを融合させた特別なグレード。同グレードは2017年モデルでも継続設定し、「GT-R NISMO」のサスペンションとホイールを搭載している。

価格は、「GT-R NISMO」が1,870万200円、「Track edition engineered by nismo」が1,369万9,800円(ともに税込)となっている。

(木下健児)