今年の冬はイタリアンなすき焼き

写真拡大

たれ、スープ、粉末調味料等を取り扱うダイショー(東京都墨田区)は、「トマトが主役 野菜すき焼のたれ」を2016年9月1日から発売する。

タマネギ、パプリカ、エリンギ、ズッキーニで

すき焼きは野菜がたくさん食べられるごちそうだが、味のマンネリ感から若い家庭を中心にあまり食べられなくなっているという。そこで、すき焼きの食頻度が減少傾向にある20〜40代の若い世帯をターゲットとして、これまでの概念を打ち破る「すき焼き×洋風野菜・洋風味」のたれを開発。引き締まった果肉が加熱に適する冬場のトマトに着目し、新しい味わいを提案する。

しょうゆベースに牛肉と相性の良いトマトペーストと赤ワインをプラス。かくし味としてガーリック、バジル・オレガノ・タイム・セロリリーフを使い、風味豊かな"洋風割り下"になっている。牛うす切り肉だけでなく、トマト、タマネギ、パプリカ、エリンギ、ズッキーニなどの「イタリアンな野菜」もおいしく食べられる。オリーブオイルで鍋をなじませたり、肉・野菜と一緒にうどんやパスタを煮込むのもおすすめだ。

希望小売価格は216円(税込)。