古代メキシコ人は「ウサギ」を大量に食べていた:研究結果

写真拡大

メキシコの古代都市テオティワカンの遺跡で、ウサギの飼育場兼精肉店とみられる施設が発見された。当時の人々にとって、ウサギは大事な食料だったという。

SLIDE SHOW 「古代メキシコ人は「ウサギ」を大量に食べていた:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-1024px-piramide_de_la_luna_072006

2/2テオティワカンにある「月のピラミッド」。IMAGE: Gorgo/Wikimedia Commons

Prev Next

紀元前1世紀、ちょうどユリウス・カエサルが共和制ローマを崩壊に導いていたころ、現在のメキシコにあたる地域は大都市テオティワカンを中心にした文明によって支配されていた。テオティワカンは、当時の世界では6番目に大きい都市で、巨大なピラミッドや無秩序に広がる都市構造で知られている。

テオティワカンの人口は全盛期、10万人を超えていた。人々は狭い地域に密集して暮らしていたため、こうしたニーズに対応する多層構造のアパートが発明された。

高度な文明が繁栄したメソアメリカでは、オウムやシチメンチョウ、カメ、ハチ、イヌなど、さまざまな動物が飼育されていたことがすでにわかっているが、ある地域では、庶民の腹を満たすため、ウサギが大量に飼育されていたことも判明している。

人類学者のグループがこのほど「PLoS One」に発表した研究論文は、オズトヤフアルコと呼ばれる地区に存在したウサギの飼育場兼精肉店と思われる施設について詳述している。

西暦4〜6世紀ごろ、オズトヤフアルコ地区には1軒の特徴的なアパートがあった。複数の部屋から、ワタオウサギとノウサギの死骸が大量に発掘され、リン酸塩値が高い土も一緒に見つかったのだ。リン酸塩値が高いということは、地面に血や排せつ物が染み込んでいることを示唆する。低い石の壁に囲まれた部屋もあり、これは「家畜の檻だった可能性が高い」と論文には書かれている。刃物とたくさんのウサギの四肢が発見された部屋もいくつかあった。

ウサギの骨の炭素同位体を分析してみると、ウサギたちはトウモロコシやリュウゼツラン、ウチワサボテン、アマランサスなど、人間が栽培した植物を主食にしていたこともわかった。

ウサギの骨の年代を調べた結果、特にテオティワカンの歴史の後期(西暦4〜6世紀ごろ)に、ウサギが広く食べられていたことがわかった。これは、シカなどの大型動物が減少したためと推測されている。

オズトヤフアルコ地区のウサギ産業は、間違いなく大規模なものだった。さらに、ウサギの飼育場兼精肉店と思われるアパートでは、彫刻などの、ウサギにまつわる小物まで販売されていた可能性がある。過去の発掘調査では、風変わりなウサギの彫刻(ギャラリー参照)も発掘されているのだ。人々がウサギをペットとして飼っていた可能性も十分あるという。

RELATED