消費者が自動車を購入するにあたって、重視する要素の1つに安全性が挙げられるだろう。自動車による事故は場合によっては命に直結しかねないためだ。こうした考え方は中国でも同様だが、日系車はこれまで「鋼板が薄く、安全性に劣る」というデマに悩まされてきた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 消費者が自動車を購入するにあたって、重視する要素の1つに安全性が挙げられるだろう。自動車による事故は場合によっては命に直結しかねないためだ。こうした考え方は中国でも同様だが、日系車はこれまで「鋼板が薄く、安全性に劣る」というデマに悩まされてきた。

 中国メディアの買車網はこのほど、日系車の安全性を考察する記事を掲載したうえで、「日系車は故障が少ないうえに安全性も高い」とデマに反論している。

 記事は、中国国内において日系車が「民族感情」をぶつける対象となっていることを指摘し、一部の愛国青年たちから「鋼板が薄く、衝突安全性に劣る」と批判されていたと紹介。こうしたデマを信じた消費者たちが、自動車の販売店で車を手で叩きながら鋼板の厚みを確認する様が日常的に見られたことを紹介した。

 一方、日本は資源が少ない国であるため、「日系車は最少の資源で最高のものを作ること」を理念としていると主張。欧米の車に比べて、日系車の鋼板が薄いのは事実かもしれないと主張する一方、燃費の良さや故障の少なさという強みがあることを指摘。さらに、衝突安全テストの写真を複数掲載したうえで、「事故の起きた車体の破損部分だけを見て安全性を語ることはできない」と指摘し、もっとも重要なのは車内の人員が安全かどうかであると指摘した。

 確かに、記事が掲載している写真を見る限り、衝突安全テストによってフロント部分は大破しても、日系車の場合は車内にまで衝突のエネルギーが伝わっておらず、車内の安全が確保されていることが分かる。記事は「日系車は衝突時にクラッシャブルゾーンによってあえて車を壊すことで衝突のエネルギーを吸収し、車内にエネルギーを伝わらないような構造にしている」と紹介し、「これこそ日系車の安全性の高さ」であると指摘し、日系車をめぐるデマに反論している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)