知っておきたいパスタの種類(写真/アフロ)

写真拡大

 十数年前までは、イタリアの麺はすべて「スパゲッティ」と呼ぶことが多かったが、今やスーパーでもさまざまな種類のパスタが手に入ることから、呼び名が具体名になっている。そこで、パスタの名前とどんな料理に適しているかを紹介する。

 パスタとは、イタリア語で「粉を練って作った生地や麺」のこと。麺状のスパゲッティだけでなく、さまざまな形をしたショートパスタも含まれる。本場イタリアでは500種類以上あるといわれるが、日本で手に入りやすく、イタリア料理店でよく見かけるものを、以下で説明しよう。

【カッペリーニ】
「天使の髪の毛」を意味する、直径1〜1.2mmの極細パスタ。トマトの冷製パスタや、スープパスタに向いている。

【スパゲッティーニ】
 一般的なスパゲッティよりもやや細めで、直径1.2〜1.6mm前後。ゆで時間が短いため、レストランで使われることが多い。あっさりしたソースやオイル系のシンプルなパスタ向き。

【スパゲッティ】
 日本一有名なパスタ。日本農林規格(JAS)では「1.2mmの太さの麺状、または2.5mm未満の管状」と規定されているが、一般的には1.4〜1.9mmのロングパスタを指す。どんなソースにも合いやすい。

【リングイネ】
 断面が楕円状をしたロングパスタ。弾力があり、もちもちしている。ソースの絡みがよいため、魚介系ソースやバジリコと松の実を使ったジェノベーゼなどに使われる。

【タリアテッレ】
 幅5〜10mmほどの平麺タイプ。イタリア北部のパルマ地方の定番パスタで、濃厚なクリームソースによく合い、ボロネーゼにも使われる。中〜南部では、フェットチーネと呼ばれる。

【フジッリ】
 マカロニ同様、サラダにもよく使われる、らせん状のパスタ。ソースとの絡みがよく、野菜のうまみを生かしたオイル系パスタにおすすめ。

【ファルファッレ】
 蝶形のパスタ。生地が重る中央部分は歯ごたえがあり、端の薄い部分はやわらかな食感。クリームソースによく合う。

【コンキリエ】
 表面に筋が入った貝殻型。窪みにソースがのるため、煮込みやスープにも使われる。

【ペンネ】
 円筒状のものを、斜めにカットしてペン先のように尖らせたものをいう。どんなソースにも合いやすい、万能タイプ。

【リガトーニ】
 表面に筋が入った直径8〜10mmの筒状パスタ。トマトやクリームソース、肉系の重めのソースに合わせることが多い。

※女性セブン2016年9月8日号