日本オリンピック委員会(JOC)公式サイトより

写真拡大

■リオにて上々の「ステップ」

南米初開催のオリンピックとなったリオデジャネイロ五輪が21日(日本時間22日)、閉幕した。日本選手は活躍し、史上最多となる41個(金12、銀8、銅21)のメダルを獲得した。国が強化に本腰を入れた2012年ロンドン五輪を「ホップ」と位置付ければ、このリオ五輪は「ステップ」となり、東京五輪の「ジャンプ」へつながることになる。

日本選手団の目標は「金メダル14個、メダル総数で30個以上」だった。金メダルの数は目標には2個届かなかったけれど、世界ランキングは6位(ロンドン五輪11位)となった。メダル総数では目標を大きく上回り、世界5位(ロンドン五輪は38個で6位)に躍進した。なぜ、これほど日本勢が競技力を向上させることができたのか。

もちろん選手の才能と努力の結果なのだが、環境としてのワケは主に3つ、ある。まずは2013年9月にブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で2020年五輪の開催地に東京が決まったからである。ロンドンオリンピック検証チーム委員だった間野義之・早稲田大学スポーツ科学学術院教授は「どの競技団体も、リオ五輪を2020年に向けた完全な前哨戦としたことが大きい」と指摘する。

「東京五輪が決まってから、2020年7月までは7年間しかなかった。通常のオリンピックからオリンピックまでの4年周期と違って、各競技団体とも7年計画を立て、その中間大会としてリオ五輪をきっちり位置付けた強化策が実っていると思います」

2つ目は、国の強化支援の拡充である。2008年、文部科学省(のちにスポーツ庁が引き継ぐ)のマルチサポート事業がスタートした。1.アスリート支援、2.マルチサポート・ハウス(現・ハイパフォーマンスサポート・センター)、3.研究開発(2010年より開始)、4.女性アスリートの戦略的サポート(2011年より開始)の4つが軸で、1と2を日本スポーツ振興センター(JSC)が受託した。とくにオリンピック・パラリンピック大会などに向けたアスリート支援として、競技団体の選手強化活動をサポートする競技力向上事業を拡充させ、メダル有望競技を「ターゲット競技種目」に選定し、集中的に支援してきた。いわゆる重点強化である。

■競技力向上事業に100億円以上!

予算面も年々拡大し、2016年度の競技力向上事業はざっと100億円を突破している。オリンピックではお金で勝てるものではないけれど、お金がないと満足な準備ができないのだろう。結果的に、今大会では、メダル41個のうち、40個がマルチサポートのターゲット競技種目の対象競技だった。

また、見逃せないのが、大会中、リオに設置された「ハイパフォーマンスサポート・センター」の存在である。食堂では、米飯やうどん、焼き魚など和食を中心にさまざまなメニューが提供され、炭酸泉、サウナ風呂、疲労測定器、最新の治療機器などによるリカバリー施設も充実している。

トレーニング施設もあり、好成績を残した柔道やレスリングなど6競技はここで事前練習を行った。選手村には練習パートナーや村外スタッフは入れないが、ここでなら、きっちりと調整ができた。夏季五輪ではロンドン五輪に次ぐ、2度目の設置だった。センターの事業費も、ロンドン五輪の5億4000万円より増額され、今回は8億1000万円だった。

間野教授はリオの米国のサポートセンター3つのうちの1つを視察した。

「アメリカより、日本のほうが、スポーツ医科学の導入という意味では進んでいました。また日本のハイパフォーマンスセンターは大会ごと、確実によくなっています」

■そのメダルは、2020につながるか?

3つ目は、ロシアのドーピング問題の余波である。陸上や重量挙げなどでロシア選手は除外された。さらにドーピング検査が厳格化され、まったくクリーンである日本選手にとっては相対的にプラスに働いたようだ。

ちなみにロシアの金メダル獲得数は19個(4位)に終わり、ロンドン五輪の24個から金メダルを減らした。

選手強化もビジネス同様、基本は『PDCA』を回していくことである。PDCAとは、P(プラン=計画)、D(ドゥ=実行)、C(チェック=評価)、A(アクション=実行)。すぐにスポーツ庁でリオ五輪の検証が行われ、2020年東京五輪へどうつなげていくのかが検討される。

間野教授は言う。

「メダルの数だけでなく、質もきっちりと見なければいけません。2020年につながるメダルと、そうでないメダルを仕分ける必要があります。またメダルだけでなく、4位から8位の選手も分析しないといけない。その中には、次の2020年にはメダル争いに入っていく潜在能力を秘める選手がいます。そういった選手をどうやって育てていくのかも大事なのです」

リオ五輪の「ステップ」をどう力強いものに変えるのか。それが、東京五輪での「ジャンプ」のメダル数につながるのである。

----------

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)、『新・スクラム』(東邦出版)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。

----------

(松瀬 学=文)