2位罪悪感よりも!夫が「浮気を後悔した理由」1位に反省の色なし

写真拡大

夫婦生活は山あり谷あり。楽しいことや悲しいこと、そして夫婦間の危機なども時に起こるのではないかと思います。

中でも、最も危機的な状況は浮気・不倫問題。これは男性に限った話ではありませんが、やはり女性より男性のほうが浮気をする確率は高い……というのはありそうです。

では夫は浮気をした後に、後悔をするのでしょうか? そしてその場合、後悔する理由はいったい何でしょうか?

今回は、既婚男性500人を対象に『WooRis』が実施した独自調査の結果をご紹介します!

 

■浮気をして後悔していない夫は、なんと8割以上!

まず、「あなたは浮気をしたことがありますか?」と尋ねると、「ない」と答えた人がほとんどで78.6%。「ある」は21.4%でした。5人に1人の既婚男性が浮気経験あり、ということになりますが、こう書くと結構多い気もしますね。

次に、「浮気をして、後悔しましたか?」と尋ねると、なんと84.1%が「していない」と回答! 後悔したのはたった15.9%となりました。後悔している人が異常に少ないのにビックリです。

「ぐぬぬ……盗人猛々しいとはこのことか!」と鉄拳をお見舞いしたくなる妻もいることでしょう。では、その少数の夫たちの、浮気を後悔した理由というものを聞いてみましょう!

1位・・・「妻・家族にばれた」(29.4%)

2位・・・「罪悪感を感じる」(17.6%)

同率3位・・・「家族の信用をなくした」(11.8%)

同率3位・・・「お金を使いすぎた」(11.8%)

断トツ1位は「妻・家族にばれた」でした! 上手く隠していると思っても、女性の勘は鋭いもの。残業・休日出勤が急に増えたり、お小遣いが足りなくなったり、携帯を隠したり……そんなサインにピーンと来てしまうものです。

妻ばかりでなく、子どもたちにもばれたら立つ瀬がありません。一気に親としての威厳を失ってしまいます。

2位は「罪悪感を感じる」。「バレてない」と思っても、いつも「妻に隠れて悪いことをしている」「家族を裏切っている」という気持ちに苛まれているようです。

そして同率3位は「家族の信用をなくした」と「お金を使いすぎた」。「お金を使いすぎた」という人には、どことなく反省の色がみられないようです……!

 

■浮気の後に夫婦関係を修復するステップとは

驚いたことに、夫の浮気で「妻に離婚を迫られた」「実際に離婚した・する予定」と答えた人は各5.9%ずつで少数派。「浮気=離婚」という方程式は必ずしも当てはまらず、もしバレてもそのまま名目上の結婚を続けるか、反省して夫婦関係をやり直す、という場合も多いようです。

そこで、過去記事「浮気が発覚!危機を迎えた夫婦のための関係修復への5ステップ」を参考に、少しずつ夫婦関係を立て直す方法をご紹介します。

(1)浮気相手との関係を完全に終わらせる

まず、これをしないことには関係修復はありえません。SNSやLINE、電話番号などすべてブロックし、連絡先を消させましょう。再度連絡をしてきた場合は法の力に頼ることを匂わせるのもアリ。

(2)夫婦間の秘密をなくす

関係修復の努力を行う場合、お互いの携帯電話やEメール、銀行口座の記録、財布の中身、性病検査の結果など、すべての記録を透明化しましょう。実践期間は「自分が納得するまで」でOK。

(3)浮気の事実関係を明白に確認する

浮気をされた側にとってこれはつらい作業ですが、知らないことには相手をいつまでも疑う結果になりそうです。相手の名前、連絡先などはイザという時のためにもしっかり握っておきましょう。

(4)夫婦間の情熱を取り戻す

調査によると、離婚は “浮気そのもの”よりも、「結婚がそれ以前に破綻していた」という場合が殆どだとか。生活に追われて相手をおろそかにせず、お互いへの愛と情熱を取り戻す努力をしましょう。2人でデートや遊びに出かけてみてください。

 

以上、夫の浮気に関する調査と、浮気が発覚した後に夫婦関係を修復する方法をご紹介しました。

長い人生の中、伴侶以外の人に心惹かれることもあるかもしれませんが、失うものの大きさをいつも心に留め、理性を持って行動したいものです。

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 浮気した男が「帰宅前にする裏工作」ランキング、1位はやっぱり

※ 3位セックスレスに圧勝!夫が「浮気をしてしまった理由」許せない1位は

※ 4位おかずの数が少ない「夫の妻の料理に対する不満」妻が激怒の1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 第2回BizLady×日本女子経営大学院のキャリアアップセミナー募集開始

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / Shutterstock