静岡・大美伊豆牧場から毎日届く牛乳を使ったLAITIERの 「ミルクソフトクリーム」

写真拡大

小さな専門店やカフェが各所にできて、アパレルなどスイーツとは関係のない業種の店舗までソフトクリームの販売を始めているきょうこのごろ。

【写真を見る】こだわりのトッピングも人気! MELTING IN THE MOUTH 「スウィート アズ ハニー 蜂の巣のせ」

東京都心部でソフトクリームを食べられる場所がじわじわと増え、いまや空前のソフトクリームブームに。これまでのコーン×バニラソフトという定番を超越し、見た目や組み合わせで個性を出したり、素材にこだわり抜くなど、大人を夢中にさせるクオリティのものが増えている。その一部をご紹介。

●LAITIERの「ミルクソフトクリーム」 かわいい外観が目を引く、東京・千駄ケ谷のソフトクリーム専門カフェ。静岡・大美伊豆牧場から毎日届く牛乳を使ったソフトクリームは、濃厚でありながら後味さっぱり。¥400(税込み)/LAITIER

●白一の「生アイス」 長いソフトが話題を集める、東京・渋谷の生アイス専門店。乳脂肪分の高い良質な特選生乳を使用し、天然の甘みを生かした生アイスは、外がさっくりとかたく中がやわらかい独特の食感。¥390(税込み)/白一

●MELTING IN THE MOUTHの「スウィート アズ ハニー 蜂の巣のせ」 ソフトクリーム専門のカフェが 2月、東京・広尾にオープン。なめらかな有機牛乳ソフトに、蜂蜜がしみこんだ蜂の巣(コムハニー)トッピングが人気。¥650(税込み)/MELTING IN THE MOUTH

いずれも個性溢れるソフトクリームで目移りしそう。残り少ない夏だが、ぐっとくるものに挑戦してみて!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】