つい先日、銘酒「国の寿」の老舗酒造メーカーが破産したというニュースが話題となり、農水省が日本酒の消費量は減少傾向にあると発表するなど、日本人の「日本酒離れ」が止まりません。その一方で、東京の百貨店などでは、いかにして日本酒を売るかという試行錯誤が重ねられています。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』には、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんご自身が試された、伊勢丹新宿本店の新しいサービス・人工知能の「利き酒師」の詳細や感想、そして今後の展望などが記されています。

人工知能(AI)がお薦めの日本酒を提案、伊勢丹新宿本店でサービス開始

ユーザーの味覚にあった日本酒を人工知能(AI)によって提案するサービスが伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)で8月24日に始まりました。

ユーザーは店頭に用意された3種類の日本酒を一つずつ試飲します。タブレットに組み込まれている専用アプリにて、それぞれの日本酒の「甘味」「酸味」「旨味」「余韻」「芳醇(コク)」「好み」を5段階で評価します。一緒に味わいたい食事も選択します。そうすると、ユーザーの味覚の特徴が導き出され、「AI利き酒師」が味覚にあった最適の1本を30種類の日本酒の中から選んでくれます。

私はさっそく「AI利き酒師」を試してみることにしました。「節五郎 出品酒」「越乃寒梅 白ラベル」「大七 純米生もと」の3種類が用意されていました。それぞれの日本酒について、6項目を5段階で評価しました。導き出された味覚の特徴は「『酸味』と『余韻』に鋭い感覚を持っている」とのことです。そして、選んだ食事を踏まえて薦められた日本酒は「人気一 酒」です。

AIの提案力に脱帽

薦められた日本酒を試飲しました。確かに「酸味」と「余韻」が強くあり、私の好みの味わいがありました。想像以上の的確なお薦めだと感じました。

伊勢丹新宿本店の和酒売り場には数多くの和酒が取り揃えられていて、和酒に詳しくない人がお気に入りの1本を見つけることは困難です。店員にアドバイスを求めることもできますが、知識豊富な店員がいるとは限りません。しかし、人工知能によりこうした問題を解決することができます。さらに、学習効果によりお薦めの精度は高まっていきます。

現状は30種類の中からのお薦めを行うに過ぎませんが、今後は選択肢の幅は広がっていくものと思われます。また、日本酒以外の分野でも応用は可能です。消費者の多様化した嗜好に対応できるという意味で「AI利き酒師」の試みに可能性を見ることができました。今後に期待ができそうです。

image by: Twitter(@lespros_leena

 

『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』

著者/佐藤昌司

東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!